« 人間は道具? | トップページ | 俳句の会 »

2010年11月19日 (金)

高山不動・摩利支天

11月19日(金)

山行、高山不動へ。

Kさん、Aさんに同行。実は稲荷山公園駅で私がドジをして、電車を1台遅れてしまい、2人に迷惑をかけました。あまりのドジぶりに、二人は大笑いをしましたが、その内容を書くのは面倒なので、やめておきます。

Img_0220

西武線西吾野駅下車。高山不動に向けて登っていくと、途中に「萩の平」茶屋がある。と言うよりも、かってはあった。私は何度か寄ったことがあるが、現在はこのように荒れた状態。あのおばさん、どうしたのかな?

Img_0221Img_0223 

高山不動の紅葉。有名な大銀杏があるが、こちらは未だ黄葉になっていない。今年の紅葉は木によってむらがあるように感じる。大銀杏は果たしてどうなのかな。

Img_0226

関八州見晴台から武甲山方面の写真です。この上なく好天です。

Img_0231

花立松峠、傘杉峠を経て顔振峠方面へ。写真は顔振峠下、平九郎茶屋の向かい。

Img_0232

さらに少しさがったところにある摩利支天からの眺望。

西川材(杉材)の名の由来がある西川に向けて下山。吾野駅へ。奥武蔵の標準的なコースのひとつを、のんびりと歩いた1日でした。

○今日の俳句。

 朝焼けの富士武蔵野の秋を見る

Img_0218

今朝出かける前、マンションからの富士です。

|

« 人間は道具? | トップページ | 俳句の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/37742252

この記事へのトラックバック一覧です: 高山不動・摩利支天:

« 人間は道具? | トップページ | 俳句の会 »