« 案山子祭り ブルーインパルス | トップページ | 菜飯 »

2010年11月 3日 (水)

詩「来るぞ」

11月3日(水)

掃除、洗濯、ベランダ側のカーテン4枚をかえる。

文化祭の最後の日。富士見公民館に絵の撤去に行く。

『雷鼓』について。

『雷鼓』というのは千葉県八千代市の岩本紀子さんが、ほとんどボランティアで、年4回発行されている随筆中心の文芸冊子である。以前は小柴温子さんと共同で発行されていたが、小柴さんが健康を害されて後、岩本さんが頑張っているというのが実状のようだ。

私は小柴さんの縁で、たまに拙文を載せて貰っていたが、最近は、なんとなく常連になった。昨日、『雷鼓』66号の原稿を書いた。

今、手許に『雷鼓』55号がある。その中に、私のとても好きな詩があるので、紹介します。

     「来るぞ!!」

            木村 益夫

  掃除機かけろ

  ひとつのチリも残すな

  ワレモノは棚の上に

  観葉植物は隔離しろ

  スリッパ隠せ

  仏壇の扉を閉めて

  ベランダのガラス戸

  ロックしろ

  もうすぐ

  手当たり次第に

  モノをかじる

  怪獣みたいな孫が来る

  摘みたての

  苺のような孫が来る

7月14日の産経新聞に掲載された詩だそうです。作者木村益夫さんの絵と共に、雷鼓に乗っていました。孫と釣りをしている絵です。

○今日の俳句

 部屋中のカーテン替える文化の日

 

|

« 案山子祭り ブルーインパルス | トップページ | 菜飯 »

コメント

思わず笑みがこぼれました
今我が家がちょうどそんな時、掃除機をかけ、拭き掃除をし触ってほしくないものは、高いところに乗せ.....
来ると戸棚のタッパウェアで遊んでいますね
あと冷蔵庫のマグネット、子供っておもちゃでなくても遊び道具にするんです、

いい詩ですね~~

投稿: sa-ya | 2010年11月 3日 (水) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/37508725

この記事へのトラックバック一覧です: 詩「来るぞ」:

« 案山子祭り ブルーインパルス | トップページ | 菜飯 »