« 詩「来るぞ」 | トップページ | 日光江戸村 鬼怒川温泉 »

2010年11月 4日 (木)

菜飯

11月4日(木)

老人介護施設狭山ケアセンターへ。入所者たちの多くは昨日の航空ショウを屋上で見たらしい。それを話題にする人が多かった。

航空ショウのすばらしい写真は、「こもれび通信-livedoorBlog」を御ご覧ください。by(sa-ya)。こんな時、普通は色変わりにしているところをプッシュすれば、そちらのブログに導かれるようになっています。私にはそんな技術はありません。「こもれび通信」、作者はsa-yaで探してみてください。「こもれび通信」は、画像処理に興味のある方ならば、きっと得るところがあるでしょう。

この秋の野菜の値段には参りました。私は野菜食いなので、あの高値には本当に困りました。

野菜が高値であろうとなかろうと、私は何でも無駄なく食べようと思っています。たとえばダイコンなら、皮も葉も食べます。ダイコンの皮は、きんぴらなどがいいようです。

きんぴらというのは、硬めで食べにくいような食材を調理するのにうってつけです。どの食材にも共通する作り方としては、調味料として、酒、みりん、砂糖、醤油を使うこと。砂糖と酒は、好みで適当に入れる。みりんと醤油は同量入れるというのがコツです。馴れたら、みそ味とか、いろいろ考えられますね。

ただし、たとえばダイコンの皮など、何がなんでも全部使おうなどと考えると、肝心の中身の使い方がおろそかになります。その点は注意しなくてはなりません。

ダイコンの葉は、いろいろな使い方がありますが、最近私が気に入っているのは、カレーライスで使う方法と、菜飯にする方法です。

カレーに入れる方法は、テレビで覚えました。まずカレーライス用のカレーを普通に作って、そこに細かく切ったダイコンの葉を山ほど入れます。それだけです。これで、カレーもダイコンの葉も御飯も、美味しく食べられます。

菜飯の作り方も同じようなもので、普通に炊きあげた御飯に、細かく切ったダイコンの葉を入れて混ぜます。味つけは醤油にしろ塩にしろ、好みでいいでしょう。ゴマをかけてもいいかと思います。シラス干しを入れたり、どうでも出来ますよね。葉が硬すぎるようなら、電子レンジで軽くチンしてもいいでしょう。

明日のブログは休みます。精障者作業所「みちくさ」の旅行で鬼怒川に行ってきます。

○今日の俳句

 数独を解きあぐねたる夜長かな

|

« 詩「来るぞ」 | トップページ | 日光江戸村 鬼怒川温泉 »

コメント

リンクじゃなかった笑 紹介ありがとう!!

投稿: sa-ya | 2010年11月 4日 (木) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/37529835

この記事へのトラックバック一覧です: 菜飯:

« 詩「来るぞ」 | トップページ | 日光江戸村 鬼怒川温泉 »