« 床張り | トップページ | 日曜大工 »

2010年10月 9日 (土)

床張り

10月9日(土)

ブログの調子が悪くて、カテゴリーを示せません。俳句もありです。

今日は床張り。隙間なくきっちり仕上げようと思ったのに、なかなかそうは行きません。あちこちに少しずつ隙間が出来ました。私の住む部屋であって、他人に売る部屋ではないので、これでいいことにしましょう。

ここで部屋に様子を写真で載せようとしたのに、載せることが出来ません。パソコンの様子がおかしいのです。とにかく、昨日は壁を塗り、今日は床を張り、食器戸棚の組み立てをしました。

食器戸棚は床から天井まで届く家具なので、いくつかのパーツに分けて作り、組み立てるしかないのです。1本の家具では、角がぶつかって立てることが出来ません。部屋に合わせて作るわけで、これは自分で作った物です。床を張ったため、床から天井までの寸法が、わずかに小さくなりました。その分、家具を詰めなければ、組み立てることが出来ません。

実際には、家具と天井に隙間を埋める、支輪といわれる部分を削ります。そうやって、とにかく食器戸棚も組み立てました。いくつかのパーツに別れている一番上の箱を載せたときには、戸棚が倒れそうになり、それを頭で受けました。脚立に登っての作業だし、こんなことはこれ以上年をとったら出来はしません。年から考えて、この次にこのようなことをしようと思ったら、専門の業者を頼むしかありません。

山などの頑張って登っている人間なので、どうにもならないと言うことはないのですが、山とは違う疲れがあります。

明日は、電子レンジの棚を作ります。

今回の模様替えというか内部改装というか、をしようと思った理由を並べてみます。

①電子レンジを置く棚の位置を、少し下げたいと思った。高いと火傷をしやすいのです。電子レンジの高さは、胸の位置くらいがいいのではないかと思います。

②床の絨毯が汚れて、何とかしなくては、と思っていた。

③冷蔵庫の置き場所をダイニングの物置の位置に持っていきたかった。

④いま隣の部屋にあるデスクトップのパソコンを、居間に持ってきたかった。

⑤床から天井まで、壁いっぱいの本棚を、居間から他の部屋に持っていきたかった。

などです。細々とした作業は多少残すこともありますが、基本的な作業は、明日、明後日で終わりたいと考えています。

○今日の俳句

 秋刀魚焼く煙脚立の上までも

|

« 床張り | トップページ | 日曜大工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/37157495

この記事へのトラックバック一覧です: 床張り:

« 床張り | トップページ | 日曜大工 »