« 野菜が高いね | トップページ | 熱海へ »

2010年10月16日 (土)

こぶし祭り つばさ俳句会

10月15日(土)

書くべき事が分かりません。だから、今日の出来事を書くだけ。

こぶし福祉会のこぶし祭り。

ボランティアとして、主として肉体労働部分を担当。舞台作り、テント張りなど、祭りの始まる前の仕事をしました。

実際の「こぶし祭り」が始まってからは、めぼしいことは何もしていません。ただチャラチャラとその辺にいて、バザーの呼び込みをしたり、知人と無駄話をしたりで過ごす。要するに、肉体労働以外では、居ても居なくてもよい存在になったということ。

そんなときよく感じるんですが、普通のサラリーマンはそういう状態に耐えられるんですね。でも、真面目に職人をやってきた人間には、駄目ですね。やることがなければ帰る。それが職人の姿です。

土方の人が、箒を持って1日過ごせるようになれば1人前、ということを、どこかで聞いたことがあります。それを考えると、私は生涯1人前になりませんでした。(「土方」って、差別用語なんですってね。「土方」を差別用語と考える人は、「土方」という職業を差別しているのではないでしょうか)。

私は、やることもないのに、なんとなくその場にいるというのが苦痛です。それで去年は昼で帰りました。今年も昼で帰りましたが、今年の場合は他に用事があったのです。

他の用事というのは、つばさ俳句会への出席です。

つばさ俳句会で、今日私のすることは、夏季大会の会計報告をすることと、披講をすることです。披講は、本来はベテランがするのですが、私は声が大きいのでしているだけです。他の人に代わって貰えないというものではありません。ただ、会計報告だけは、私がしなければならないものでした。

まあそんなわけで、こぶし福祉会の祭りは、昼で帰りました。終わってからの解体作業などありますが、まあ、皆さんにお任せします。ゴメンネ。

○今日の俳句

 コスモスの花の向こうの草野球。

 隣り合う葉に濃淡のある紅葉

今日の俳句会とは関係無しに作った俳句。こぶし祭りの準備の前、時間があったので、裏の霞川の土手に行きました。そこで見た光景を俳句にしてみました。

明日、山の会の付き合いで、熱海に行きます。従って、明日のブログは休みです。

|

« 野菜が高いね | トップページ | 熱海へ »

コメント

「床屋」さんも「魚屋」さんも差別用語なんだよ~。
びっくりするよね。
「理髪店」「鮮魚店」などはOKらしいけど。

投稿: みさっぺ | 2010年10月16日 (土) 22時48分


こいつのフ ェ ラ テ ク、マジはんぱねぇぇぇぇ!!!!
ベロで先っぽチロチロされて、がまん汁止まらなかったっすぅ!!

http://1j6vfkm.ino.bentmen.net/

投稿: どこで覚えたんだ!? | 2010年10月17日 (日) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/37264501

この記事へのトラックバック一覧です: こぶし祭り つばさ俳句会:

« 野菜が高いね | トップページ | 熱海へ »