« 句集作り 自画像である? | トップページ | 西穂に行きます ヘッドライトのスケッチ »

2010年7月23日 (金)

暑いなか、いろいろありました サンダルスケッチ

7月23日(金)

わが家のクーラーはほとんど効かない。だからめったに使わない。今朝、3時半に目覚めた。あまり暑いのでクーラーのスイッチを入れると、気温は30度を示していた。それから、NHKのラジオ深夜便を聞いたり、倍賞千枝子のCDを聞いたりしているうちに、いつの間にか寝て、6時に目が覚めた。その時、クーラーの示す温度は28度。午前6時といえば、外の気温も同じようなものだろうから、クーラーを止めて網戸にする。寝ていた部屋は、他の部屋より涼しかったから、いくらかは効いていたんだろう。

さて、6時半頃、布団に座って数独をしていたら、何だか体がふらつくような気がした。すわ、熱中症かと思い、台所で慌てて水を飲んだら、テレビで、「番組の途中ですが、地震のニュースをお伝えします」だって。なーんだ、私が揺れてのではなくて、大地が揺れていたんだ。

精障者作業所「みちくさ」へ。茄子やトマトの収穫だけでも、やらなくてはならない。

「みちくさ」からの帰り、天岑寺から出てくる人が大勢いて、卒塔婆を持っている人も多い。何かあったんですね。去年の今頃、同じような光景を見て、こんな俳句を作った。

  炎天の舗道に卒塔婆担ぐ人  ぼんくらカエル

午後の絵の会で、I さんが天岑寺の施餓鬼会に参加してきたという。施餓鬼会で参加者に卒塔婆を渡すらしいのです。

夏季大会の俳句、締切を2日過ぎても、4通ばかり届いた。「よせやい」って感じだけれど、遅れて届いたから没と云うほど権威のある会ではない。なんとか句集に取り込まなくては・・・。明日からのは、もう知らないよ。

水彩画の会で描いた絵は、今回ブログに載せません。その代わり、毎日履いているサンダルのスケッチを載せます。

Tati0010 こんな下手くそなスケッチを載せるのもどうかと思われますが、とにかくこれがいつも履いているサンダルです。

私の足は原始人の足手で、かかとに比べてつま先側が広いのです。極端に云えば、三角形の足ですね。そのため、どんな靴を履いても靴擦れがします。登山靴だけは、何軒も回って、足に合うのを見つけました。それだって、私の標準サイズよりは大きめのものを買って、靴下や靴ひもで調整しているのです。

そんなわけで、普段はよほどのことがない限り、サンダルを履いています。このタイプのサンダルを履くことについては、もう一つ理由があるのですが、そのことは又、気が向いたら書きましょう。

|

« 句集作り 自画像である? | トップページ | 西穂に行きます ヘッドライトのスケッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/35867945

この記事へのトラックバック一覧です: 暑いなか、いろいろありました サンダルスケッチ:

« 句集作り 自画像である? | トップページ | 西穂に行きます ヘッドライトのスケッチ »