« 野球賭博 | トップページ | ゆり園 »

2010年6月15日 (火)

Hさんを見舞う

6月15日(火)

昨日角界の野球賭博について書きました。その補足。

仲間内でやるだけの賭け事ならば、私は咎めるつもりはありませんが、暴力団が絡んだとなると、話は別です。

なお昨日引用した刑法185条の「偶然ノ輸贏ニ関シ」の「輸贏」は「ユエイ」と読みます。

常習賭博に関しては186条があって、その第1項「常習トシテ博戯又ハ賭事ヲ為シタル者ハ3年以下ノ懲役ニ処ス」とある。

琴光喜は常習だったんだろうねえ。

車椅子のTさんと、Hさんの見舞いに防衛医大病院に行く。5年前から数々の手術に耐え、満身創痍でも毒舌を忘れず、向こう意気の強かったHさんも、今度ばかりはかなり落ち込んでいる。

「是までは生きる望みを持っていたが、痛いばかり、苦しむばかりで、もう死ぬ方が良い。点滴に毒を入れてくれと言ったんだ」という。体をまっすぐ伸ばすことも出来ず、ベッドに座ることも出来ない。本当に苦しそうで、平凡な慰めもいえない。最悪の事態も考えられる状態でした。言葉もありません。

|

« 野球賭博 | トップページ | ゆり園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/35281988

この記事へのトラックバック一覧です: Hさんを見舞う:

« 野球賭博 | トップページ | ゆり園 »