« 白い御飯にダイコンおろし | トップページ | 北横岳 »

2010年6月12日 (土)

人間は考える癖がある

6月12日(土)

「人間は考える葦である」。いわずとしれたパスカルの言葉。パスカルのパンセは、調べてみると、私が28歳の時に読んでいるようです。分かったんだか分からないんだかね。今読んだって分かりゃしないだろう。

正確には「人間は自然のうちで最も弱い一茎の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である」(松浪信三郎訳)です。だから考えなくてはいけないとパスカルはいいます。

パスカルにいわれなくても、人間には考えるという癖があります。馬鹿は馬鹿なりに考えるのです。たとえばぼんくらカエルが考えるのは、パスカルのように高尚ではありません。今日は飲み過ぎた、もうやめよう・・・いや、あと一杯くらいは良いだろう、なんてね。半分眠っているような頭で、まあ考えるというより、ぼんやりと思うという程度ですね。下手な考え休むに似たり、とは上手く言ったものです。

休むに似た程度のことを考えて、それでも疲れて考えるのをやめたりします。ぼんくらカエルは考えるのをやめる癖がある。ブログに下らないことを書く癖もある。

|

« 白い御飯にダイコンおろし | トップページ | 北横岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/35225656

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は考える癖がある:

« 白い御飯にダイコンおろし | トップページ | 北横岳 »