« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

安物買いの銭失い

6月30日(水)

昔「安物買いの銭失い」という諺があった。今はあまり云われなくなりましたね。安物を買っても、割合安定した品質のものが多くなりました。

私などは、いつでも「ビンボーだ」「ビンボーだ」とくり返しているくらいですから、お店などで同じようなものが並んでいれば、迷わず安い方を買います。それでも安心できるような世の中になってきました。

昔は違いました。戦争中は云うにおよばず、戦後でもしばらくの間は、安物にろくなものはありませんでした。衣類でも、「人絹(スフ)」などという生地があって、これで作ったシャツでも洋服でも、一度濡らしてしまうとベロンと延びて、2度と着られなくなるようなものでした。洗濯はおろか、雨に当たることも出来ない衣類でした。

そのころは、なんであれ外国製は質が良くて、日本製は駄目でした。外国で作られた物は「舶来」と云ってありがたがったものです。いつ頃からそれが逆転したのだろうか。多分1960年代くらいではなかったかと思います。日本のトランジスタラジオが世界を席巻したころだと思います。今ではメイド・イン・ジャパンだと安心しますものね。

今では、日本製が高く。外国製が安いのが普通です。しかし、良い品質があふれている日本に入ってくるのですから、安物といっても、一応は安心して買える物がほとんどです。日本製に比べたら粗悪でも、昔の人絹スフのようなことはありません。

と、まあ書いた後で、失敗談をひとつ。

ガスレンジを買ったのは去年だったかなあ。人絹スフと云うほどのことはないけれど、失敗でした。はじめに気がついたのはレンジまわりが汚れやすい金属で出来ていて、汚れが落ちにくく、錆びやすいと云うことです。そして今、コンロが2カ所しかない物なのですが、そのうちの一つが使えなくなりました。高温になるのを防ぐために、一定の温度まで上がるとガスが自然に消えるようになっている方のコンロが、使えないのです。点火はするのですが、鍋を載せるとそれだけで火が消えます。鍋の中は水のままです。

わが家のシェフは電子レンジですし、いざとなれば電気鍋(正式な名前を知りません)もあるので、しのげるのですが、不便は不便です。しかしビンボー人ですから、おいそれと新しいガスレンジを買うことは出来ません。しばらくは今のままで我慢の日々です。

久しぶりに昔の諺を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

久しぶりの智光山公園

6月29日(火)

暑くて散歩も嫌になる。近ごろあまり自転車に乗らないが、今日は歩く気がしなくて、自転車で智光山公園へ。

菖蒲園もバラ園も、盛りが過ぎていました。

Ca3g0005 Ca3g0013

花壇には季節の花が植えられています。あまりに人工的ではありますが、こうして見るとと、やはり美しい。

花壇の右奥にあるのがバラ園ですが、この写真から薔薇の状態を見るのは無理かな。

このところケータイで写真を撮っているのですが、写真だけで考えるなら、デジカメの方が便利なんですね。そんなことも知らなかったんです、私は。貧乏人で両方買う金はないから、当分はケータイの写真で行きます。それにしてもケータイは少し明るいところでは、写そうとしても、画面が見えなくなるんですね。これで写っているであろうという推量で、シャッターを押しています。

Ca3g0008

智光山公園というのは、狭山市程度の地方自治体の公園としては、かなり広いのですが、この木道歩きは好きなコースです。

恒例。最後に公園内の下手なスケッチ。

Tati0009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

足が遅くなった

6月28日(月)

蒸し暑い1日。精障者作業所のボラ。畑の草が思いっきり繁茂している。放ってもおけないので、先週と今週でおおよそ退治する。おかげで少しばかり腿が痛い。汗もずいぶんかきました。

足だって衰えているのです。このごろ歩くのが遅くなりまして。遅いといっても同年代の人に比べれば早いほうでしょうが、去年あたりまでだと、若い人に比べても早かったと思います。意識して歩けば速いけれども、問題は無意識のときに遅くなったということです。以前だと、ゆっくり歩こうと思っていても、いつの間にか早くなっていたのです。今は逆になりました。

今でも「カエルさんは疲れないんでしょう?」などといわれることがありますが、そんなことはありません。年相応に衰えてはいるのです。酒量だけ落ちないのが問題ですけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

歩く会 スカイツリーなど

6月27日(日)

歩く会。参加8名。

上野駅下車。浅草まで歩き浅草寺を見物。スカイツリーの足元まで行って吾妻橋に帰り、水上バスで浜離宮へ。

Ca3g0019_2

Ca3g0027_3 浅草寺。仲見世通りはこんなに混み合っています(上)。しかし、間口も奥行きも小さい店の裏側はこんな具合(左)。

Ca3g0023

本堂は改築中。

Ca3g0034スカイツリーは、現在のところ、業平橋の袂で、どうやら全長が写ます。業平橋を渡ってしまうと、もう1枚の写真には収まりません。。

スカイツリーの足元まで行くと 、現在の高さの表示があり、ただいま398㍍だそうです。

Ca3g0041 Ca3g0042

上は浜離宮の花。

Ca3g0047Ca3g0044

浜離宮内はよい庭園であるが、何処を見ても後ろに高層ビルがある。写真でも、普通は、左のようにはいかい。大方右のようになる。だから散策をするにも、後ろのビルを気にするかどうかで、評価が分かれるだろう。前に行ったときは、私は大変気になったが、今回はあまり気になりませんでした。

                                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

今日も1日過ぎました

6月26日(土)

南アのサッカー会場の変な音はブブセラという楽器なんだそうですね。あれが心地よい音なんですかねえ、かの国の人には。

ブログも毎日書くとなると、ネタ切れ状態が普通になります。私の脳味噌は絞りすぎた濡れ雑巾のようなもので、ネタなどもう出てきません。脳味噌が乾いて、オカラのようになっています。

つばさ俳句会夏季大会の句集を作ることになっています。なん百句かが送られてくるはずで、それを、作者名を伏せ、句の頭に番号を付けて句集にするのです。特に難しい作業はなさそうです。しかし機関紙、記念誌などの編集はしたこともありますが、句集などは初めて。暇があったので、今日試しにサンプルを1ページ分だけ作ってみました。そうだ、表紙も考えなければいけなかった。

その他細かなことをいろいろやりました。買い物に行ったとか、数独をやったとか、スケッチの練習をしたとかね。それに、鼻毛を抜いて、お腹を掻いたとかも。

そんなこんなで1日過ぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

6月25日(金)

絵の会。

Ca3g0018

私が勝手に作った何処にもない景色。ただこの階段は、狭山市稲荷山公園の階段を参考にしました。最近私が描く絵は、8割以上は「子供の四季」でくくることが出来ます。スケッチは別ですけれどね。

Ca3g0016

これ、夾竹桃でしょうか。近所に咲いていました。普通の夾竹桃とは色が違うのですが、葉っぱが夾竹桃みたいです。

そう言えば、サッカーはデンマークに勝って予選通過だそうですね。放送を見ていると、蚊の鳴く声を拡大したような音がいつも響いています。あの音はなんですかねえ。

昨日の書き忘れ。

老人介護施設狭山ケアセンターのボラ。ほとんど、歌を唄って過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

役員報酬

6月24日(木)

一流企業の役員の報酬が発表されたけれども、凄いものですね。年収8億なんて人もいる。

お金は幾らあってもじゃまにはならないけれど、たとえば年収7億円の人が、もと欲しいと思って頑張って、頑張って8億にした、なんてことがあるだろうか。どうも、そう言うことではないんだろうね。年収が3億の人や5億の人が、もっとお金が欲しいなんて思うとは考えられない。

多分事業欲か名声欲でしょう。その事業を成功させた、発展させたという見返りに、多額の報酬を受けるわけで、お金というよりは勲章のようなものではないだろうか。金額が多いほど、勲章の価値が高くなるということではないか? 今の世の中は、人を評価する基準が金を幾ら取るかといことになっている。金銭そのものが欲しいというよりも、多く稼ぐという満足感が欲しいのではないか。

一方で年収100万にも満たない人がいて、リストラされたり、自殺したりする。リストラをしながら多額の報酬を受ける人が、少しばかり慈善事業をする・・・なんか嘘くさいんだよね、その仕組みが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

熱狂に背を向ける

6月22日(火)

サッカーのワールドカップの話題、NHKテレビなんかでは、毎日くり返し放送している。なんかウンザリするなあ。日本がオランダと試合をしたのは、土曜日だったかな、私は家にいて、テレビを見られる時間帯だったけれど、結局見ず終い。日本が1対0で負けたことは、次の日のニュースで知った。

今度はデンマークと戦うそうだけれども、どんな結果になるんでしょうね。私は別段、日本が負ければいいなんて思ってはいないんです。やはり勝つ方が良いんですけどね、だけど、熱くなってテレビを見るような気分にはなりません。

もしデンマークに勝てば決勝進出だそうで、そうなったら日本中フィーバーするのかなあ。

私には変な性格があって、みんながワーワー言い出すと、気分が退いてしまうのです。なぜそうなのかは分かりません。戦争中の大人を見ていたせいか、みんながひとつの方向に走り出すと危ない、と言う気分があります。なんとなく、少数派でいる方が安心できるような気がするのです。ひねくれているんでしょうかね。

戦争を始めるときなんか、人は熱狂するんだよね。特にあまり疑うことを知らず、自分を正義の味方だと信じているような人は、声高に自説を唱え、旗を振るんです。サッカーと一緒にはならないとは思うけれど、熱狂とは距離を置きたい私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

健康診断無事通過

6月22日(火)

予定通り昨夜の10時までアルコールを飲んで、今日10時からの健康診断に臨む。飲食は9時までと言われていたのに、10時まで飲んむ理由は昨日書きました。

それにしても、朝は喉が渇きますなあ。無意識のうちに水を飲みたくなるのです。ついウッカリ水を飲みそうで「オットット」テナ気分です。

胃ガン、肺ガンの検査、今年も無事通過。狭山台胃腸科外科の良いところは、レントゲン検査など、帰るまでに結果を知らせてくれること。11時過ぎに帰宅して食事。ビールも飲んじゃった。

彩の森公園へ、散歩。

Ca3g0011

Ca3g0008

アカツメクサです。

Ca3g0013

写真を少し明るくした方が良かったかな。三好達治の詩に「紫陽花いろのものの降るなり」というフレーズがあるけれど、紫陽花いろというのはどんな色かなあ。紫陽花のことを七変化ともいうんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

忙しいのです。

6月21日(月)

忙しいのです。今、午後8時33分。私は明日、胃ガンの検診を受けます。飲み食いは9時までに終わらなければなりません。まだ、500ミリリットルの缶ビール1本しか飲んでいません。まだまだ飲まなければならないのです。

実は、私の前に3人ほど予約の人がいて、私の診察は10時頃からだと聞きました。してみると、飲み食いは前夜の9時までと言うのは、朝9時から診察をする人に標的があると考えられます。私は10時診察だから、夜も10時まで良いのではないかと愚考します。ましてアルコールは水よりも消化が早いはずです。

飲んべえはそんな理屈を考えます。それにしても、時間がありません。

精障者作業所「みちくさ」のボラ。はたけのキュウリ、ナスなど、今年初めて収穫。刻んで塩もみにして、昼食に出す。私は外に食べに行ってしまったが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

○○の日

6月20日(日)

今日は父の日なんだってね。しかしパソコンの変換はおもしろいね。今「父の非難」と出たよ。非難か避難か知らないけれど、とにかく父の日だ。

父の日、母の日、バレンタインデー、ホワイトデー、クリスマスから、お歳暮、お中元まで、すべて売らんかなの為のもの。我々はそれに乗ったり、乗せられたりするわけだ。

資本主義社会というのは金が支配する社会だから、金の出るところにはみんな集まる。拝金主義などといって金ばかり追う人をケナしたりするけれど、金持ちには頭を下げる。セレブ、セレブともてはやす。私だって、ビンボーよりはセレブの方が良いな。絶対成れはしないけれど・・・。

それはともかく、寄席で覚えた知識に依れば、何事かを575で綴って、その次に「それにつけても金のほしさよ」と続ければ、立派に短歌になるのだそうである。

ところで、575だけなら俳句だけれど、上の句に季語を持ってきて、「根岸の里のわび住まい」と下の句を付ければ、俳句になるそうである。

  初雪や根岸の里のわび住まい

  炎天や根岸の里のわび住まい

そこで1首

  ガマ蛙根岸の里のわび住まい

          それにつけても金のほしさよ

本当は

  ぼんくらカエル狭山の里のわび住まい

          それにつけても金のほしさよ

かな。ハイおそまつでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

時計草の花

8月19日(土)

つばさ俳句会の日。

句会を終わって、夏季大会の相談。前もって投句してもらうのだけれども、その句集など、私が作ることになる。大変だけれど、まあしょうがないな。果実だけ食べて育てることはしないというのも、どうかと思うよね。

Ca3g0003

時計草の花です。私は始めてみました。同人(句友)が持ってきたのを、写真に撮らせてもらいました。時計草は蔓性の常緑低木で、垣根などに這わせて育てることが出来るそうです。文字盤の上で針が回る時計に似ています

ケータイの写真です。最近の写真は、すべてケータイで撮っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

おとうちゃん大好き

6月18日(金)

特養老人ホーム「さくら」へ。ショウトステイの人の買い物につきあう。行き先はイオン。果物だけを買いました。去年までは元気だったが、脳梗塞で倒れて車椅子生活になったという84歳の女性。

狭山台胃腸科外科へ。血圧の定期検診。ついでに、健康診断と胃ガン検診の申込もしてくる。検診日は22日(火)。

自分のブログを書く前に、覗くブログやホームページが幾つかあって、「言葉の泉」というのもその一つである。人のブログから引用するのは、控えるべきかとも思いますが、この場合は良いでしょう。あまりにおもしろい詩(大好きな詩)なので、引用させてもらいます。

作者は1987年に小学1年生だった人。

      おとうちゃん大好き

                小沢たかゆき

   おとうちゃんは

   カッコイイなぁ

   ぼくおとうちゃんに

   にてるよね

   大きくなると

   もっとにてくる?

   ぼくも

   おとうちゃんみたいに

   はげるといいなぁ

読売新聞の「こどもの詩」という欄に掲載されたものだそうです。

最後に私の水彩画。写実的ではないし、下手だけれど、楽しい絵を描きたいと思っています。最近はスケッチはともかく、絵を描くときには、必ず子供を登場させます。

Ca3g0002

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

世の中を何にたとえん

6月17日(木)

午前。ボラグループ定例会。今日の出席は6名のみ。4/5年前までは、社協の中で最も活発な活動グループだったが、歯が欠けるように人が抜け、活動力も落ちてきた。

午後。老人介護施設狭山ケアセンターのボラ。

万葉集から

   世間(ヨノナカ)を何にたとえむ朝開(アサビラキ)き漕ぎ去(イ)にし

   船の跡なきごとし

               沙弥満誓(サミマンセイ)

世の中は、港に泊まっていた船が、朝出航して、その跡も残らないようなものだ、という意味でしょう。人生も終わってしまえば、跡も残らないということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

ゆり園

6月16日(水)

所沢のゆり園へ。今日は3分咲き、3分とはいっても見事です。

Ca3g0031 Ca3g0032 Ca3g0037

陽の方に茎傾けてゆりの花 ぼんくらカエル

Ca3g0039

ゆり園を出て、狭山湖へ。スケッチ1枚

Tati0009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

Hさんを見舞う

6月15日(火)

昨日角界の野球賭博について書きました。その補足。

仲間内でやるだけの賭け事ならば、私は咎めるつもりはありませんが、暴力団が絡んだとなると、話は別です。

なお昨日引用した刑法185条の「偶然ノ輸贏ニ関シ」の「輸贏」は「ユエイ」と読みます。

常習賭博に関しては186条があって、その第1項「常習トシテ博戯又ハ賭事ヲ為シタル者ハ3年以下ノ懲役ニ処ス」とある。

琴光喜は常習だったんだろうねえ。

車椅子のTさんと、Hさんの見舞いに防衛医大病院に行く。5年前から数々の手術に耐え、満身創痍でも毒舌を忘れず、向こう意気の強かったHさんも、今度ばかりはかなり落ち込んでいる。

「是までは生きる望みを持っていたが、痛いばかり、苦しむばかりで、もう死ぬ方が良い。点滴に毒を入れてくれと言ったんだ」という。体をまっすぐ伸ばすことも出来ず、ベッドに座ることも出来ない。本当に苦しそうで、平凡な慰めもいえない。最悪の事態も考えられる状態でした。言葉もありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

野球賭博

6月14日(月)

精障者作業所みちくさのボラ。

今日、関東地方は梅雨入り。

「はやぶさ」帰る。

サッカー、日本~カメルーン戦は今夜。

角界の野球賭博が話題になっている。角界はどうなっているんだ、なんて調子で非難する声がしきりです。褒められることではないけれど、野球賭博だけを、暴力団などとの関係なしに、身内だけでやっていたというのなら、私なら許せるな。問題は、暴力団が絡んだり、身内以外の人を引きずり込んだりして、賭場を開くようになってはいけないということだ。

賭博はいけないのです。法律でも禁じられています。

刑法185条、偶然ノ輸贏ニ関シ財物ヲ以テ博戯又ハ賭事ヲ為シタル者ハ千円以下ノ罰金又ハ科料ニ処ス但一時ノ娯楽ニ供スル物ヲ賭シタル者ハ此限ニ在ラス

難しい字を使ってますなあ、昔出来た法律は。要するに博打をした者は罰金や科料を取られる。しかし、楽しむために、缶ビールを賭けたり、あんパンを賭けたりするのはかまいません、と言うことだ。千円という金額は、増額されて運用されていますけどね。

だから、賭け麻雀などは当然違法です。パチンコも怪しい。お店で直接現金を渡したりしないけれど、現金に変えられる物をもらって換金所に行くのでしょう? 脱法行為ですが、あえて摘発もしませんねえ。デカやお巡りさんだって、非番の時にはやったりしているんじゃないのかな。

自分は賭博をやりながら、角界の賭博をワアワア云ってなじるのは、私は嫌だな。私はパチンコはやらないけれど、賭け麻雀は、過去に何度もやりましたからね。お相撲さんを責める資格はありません。暴力団と関係してはいけないけれど、仲間内でやっていただけなら、私などと同じだと思うのです。

自分のことを棚に上げて他人を責めたり、時流に乗って声高にがなり立てたりするのは嫌だなあ。

ともすると私もそうなりがちなので、自戒を込めて書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

北横岳

6月13日(日)

山の会山行。

北八つの横岳。

コース 

  ピラタスロープウェイ山頂駅~坪庭~横岳~亀甲池~双子池~双子山~大河原

坪庭の自然の庭園を半周して横岳に向かう。ごろごろとした石が多く歩きにくい道。横岳山頂付近と亀甲池に向かう道は残雪が多い。

コース全体に、北八つの特徴の美しい苔が密生している。亀甲池とは池の表面にい幾つも浮き出ている石が、亀の甲のように見えることから名付けられたのだろうか? 双子池の雌池、雄池は共に明るく美しい池である。池畔でのんびりスケッチでもしたら楽しそう。

梅雨が近づいているが、何とか1日降られずにすんだ。山の上はガスがかかり見晴らしは良くない。双子山は広い笹原が気持ちよく広がっている。全体として変化のある行程で、まあ良かったと言える。

朝出がけにウエストバッグを忘れてしまい、ケータイ(カメラ)、眼鏡、筆記用具無しの1日になってしまいました。従って今日の山行は、写真無しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

人間は考える癖がある

6月12日(土)

「人間は考える葦である」。いわずとしれたパスカルの言葉。パスカルのパンセは、調べてみると、私が28歳の時に読んでいるようです。分かったんだか分からないんだかね。今読んだって分かりゃしないだろう。

正確には「人間は自然のうちで最も弱い一茎の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である」(松浪信三郎訳)です。だから考えなくてはいけないとパスカルはいいます。

パスカルにいわれなくても、人間には考えるという癖があります。馬鹿は馬鹿なりに考えるのです。たとえばぼんくらカエルが考えるのは、パスカルのように高尚ではありません。今日は飲み過ぎた、もうやめよう・・・いや、あと一杯くらいは良いだろう、なんてね。半分眠っているような頭で、まあ考えるというより、ぼんやりと思うという程度ですね。下手な考え休むに似たり、とは上手く言ったものです。

休むに似た程度のことを考えて、それでも疲れて考えるのをやめたりします。ぼんくらカエルは考えるのをやめる癖がある。ブログに下らないことを書く癖もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

白い御飯にダイコンおろし

6月11日(金)

絵の会。

富士見公民館のロビーに、これから2週間、我々の絵を展示することになった。で、倉庫からパネルを運び、それを立てたり絵を飾ったり。そんなことをして、大方の時間は過ぎ、絵は描かず終い。

私などは近ごろ、好奇心が薄れてきて、何にでも興味を持つというわけにはいかなくなった。毎晩パソコンで、今日のニュースをチェックするのだが、全く興味がないのに、やたらと出てくるのが、芸能人の誰と誰がくっついたとか、離れたとかのニュースです。そういうことに興味を持つ人が多いのでしょう。私が無関心というのは、老けている証拠なのかなあ。

歳をとると新しいことに興味を持てなくなる、と、世間ではいいます。食べ物なんかでも、新しい食材や調理法で作ったものより、昔からなじみのあるものを食べたくなります。「なにを食べたい?」なんて聞かれて「白い御飯とダイコンおろし」なんて答えるようになったら、間違いなく歳寄りですね。

なんでこんなことを書くか? それは私が、明日の朝、暖かい白い御飯をダイコンおろしで食べたいと思ったからです。胃が弱っている? 生命力が落ちている? ウーン。今、飲んだ後だからかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

福祉会世話人会。

6月10日(木)

こぶし福祉会の世話人会。さしずめ私はボランティア代表と云う役割。福祉会の交流会をときどきやることになったようだが、その世話やら、福祉会のサポート方法やらを話しあう。それにこぶし祭りを、実行委員会に諮る前の骨格について相談。

昨日、豊島園駅のホームで、電車待ちの間に描いたスケッチ。

Tati0009

ハイ、お粗末でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

花めぐり

6月9日(水)

Ca3g0012

所沢の百合園。百合園入り口の辺りは寄せ植えで、この辺だけが咲いている。園は山の斜面を利用していちめんに百合が植えられている。咲きそろったら見事だろうが、、まだ10日くらいは先になりそうだ。無料で入園。

Ca3g0007

是は鉄線でしょうか、それともクレマチス?かざぐるま?百合の代わり、この手の花が、赤やピンク、紫など、色とりどりに咲いていました。私は白い花が好きなので、写真は白。

ただで見たのに、係員に「ありがとうございます」と見送られ、次に向かったのが東村山の「北山公園」。こちらは菖蒲園。

Ca3g0020

Ca3g0021

Ca3g0017

3枚目は菖蒲園の外、民家に咲いていた立葵。

さて、まだ時間がある。ついでにアジサイでも見ましょうかと、今度は豊島園に向かう。ところが、豊島園は、休みでした。参ったなと思ったら、休園日でも500円で入園は出来るらしい。

豊島園に入るのは、多分67年か68年ぶりである。中など、なにも覚えているわけがない。ボートで池の中に滑り降りるのがあったような気がするけれど、あんなのはとっくに無くなっているんだろうなあ。何はともあれ、アジサイ園へ。

Ca3g0023Ca3g0027 Ca3g0024 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

ベレー帽のおばあさん

6月8日(火)

買い物というのは、なにを買っても買い物だけれど、私などが日常で使う「買い物」という言葉は、肉や野菜や、その他の生活必需品をスーパーなどで買うことを指している。

その買い物の帰り道、ベレー帽を阿弥陀に被り自転車に乗っているおばあさんに会いました。おばあさんでベレ-帽を、それも阿弥陀に被っているしゃれっ気に感心しました。若い頃は美人だったと思わせる・・・失礼、今でも美人です・・・出で立ちで、腰を落とし、颯爽とはいえない形で自転車に乗っていました。つまり、腰の落とし方に歳を感じてしまいました。でも、なかなか素敵でした。

老婆は一日にしてならず

老爺だって、一日にしてならずだけれど・・・。最後はだじゃれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

またも漢詩です

6月7日(月)

腕などが痛いのですが、これは昨日の作業による筋肉痛。それを嘆いて今日の日記にしても良いけれど、書く私がつまらないのでやめておきます。

それで、漢詩です。

    金陵図       韋荘

 江雨霏霏江草斉

 六朝如夢鳥空啼

 無情最是台城柳

 依旧烟籠十里堤

こんな詩を自力で読めるわけではないのです。半分くらい分かるのかな。渡部英喜氏の助けを借りて、ぼんくらカエル流の訳をしてみます。

 雨は長江に霏霏として降り

            岸辺の草は青い

 六朝の栄華は夢と消え

            鳥は虚しく啼く

 城の柳は無情にも芽吹き

 長い堤防はいにしえのごとく

            春雨にけむる

「荒城の月」を思い出します。それとも、「夏草や兵どもの夢のあと」かな。「国破れて山河あり 城春にして草木深し」とうたいだす詩もありました。

精障者作業所「みちくさ」のボラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

マンションまわりの清掃

6月6日(日)

午前。

マンションまわりの清掃日。マンション入居者は各戸1名以上参加することになっている。とは言え、出ない人もいるようです。

こんな時、私は自ら進んで大変そうなことをやりたがるんです。昔からの習性で、知的な能はないから、体力的なことをやりたがるのです。でも、73歳にもなると、昔とは違って、あとで疲れが出るのです。今日は重い刈込機を抱えて、生け垣の刈り込みをしました。その後も少し手伝って、ほぼ私のやることはなくなったと判断し、少し早く引き揚げました。

毎年掃除のあとで缶ビールなどが出るのですが、早めに引き揚げたので、今年はもらいません。飲んべえとしては、少し損をした気分。

午後。

車椅子と仲間の会、定例会。市の福祉課の課長なども来て、先月車椅子の会で行った狭山市駅前の見学と、市宛に提出した疑問点、改善の要望などに対する、市長の回答などの説明を聞く。

その他、日帰り旅行や、発足30周年記念の行事などの相談。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

喜楽里の湯

6月5日(土)

午後、宮沢湖へ行ってみました。

Tati0009

Tati0011_2

乱暴でも良いから早く書く、というのが私のスケッチのモットーです。

帰り、喜楽里の湯による。宮沢湖畔に出来た温泉で、私は初めて。露天風呂からの景色が良い。宮沢湖とその向こうの山、手前の林などが、ほどよいバランスで見えます。写真を撮りたかったのですが、風呂場にカメラを持ち込むと、オチンチンを撮りたがっていると誤解されそうで、出来ませんでした。それにしても、風呂場に「持ち込み禁止」なんて、何処にも書いていないんですね。風呂場って、カメラを持ち込んでも良いんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

政治の話

6月4日(金)

政治の話しは下品で、男女の話は上品だ、と言ったのは誰だったっけ?

金子光晴だったかなあ。違うような気もするし・・・。いずれにしても、政治は下品で、男女間のことは上品だというのは、本当のことのような気がする。セックスがなければ人類は滅びるんだ。その問題は下品なはずがない。一方で政治は、権力のために本当に人類を滅ぼしかねないよ。下品ですねえ。

私のような人間でも、今日みたいな日は、政治に無関心ではいられない。鳩山総理が辞めて、次の総理は管さんに決まった。まずは良かった。

民主党が駄目だからと言って、今さら自民党ではなお困る。民主党の中では、管さんなど信頼できる方だと私は思っている。

鳩山民主で良かったのは、事業仕分けを始めたこと、そして最後に小沢さんを道ずれにやめたこと、そのほかはどうもね。小沢さんって、ガン細胞みたいなもんだよ、あれは・・・。

特養「さくら」でボラ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

漢詩を一つ

6月2日(木)

書くことを思いつかないので、最近読んだ漢詩を一つ紹介します。

   敕勒歌(チョクロクノウタ)

            斛律金(コクリツキン)

 敕勒川

 陰山下

 天似窮廬籠蓋四野

 天蒼蒼

 野茫々

 風吹草低見牛羊

        敕勒の歌

     敕勒の川は

     陰山の麓を流れ

     天はパオのように大地を覆う

     空はあくまでも青く

     野はぼうぼうとして果てしがない

     風に草は倒れ放牧の牛や羊が見える

  『心に届く漢詩百人一首』(渡部英喜)より

敕勒とは中国北方の地で、トルコ系の民族が住んでいた。陰山は陰山山脈。斛律金(488-568)はトルコ系出身の武将。

訳は、編者の訳をもとに、ぼんくらカエル流に多少変えてあります。のびのびとした良い詩だと思います。

老人介護施設狭山ケアセンターでボラ。

先日話を聞いたKさんのテープの一部を文章におこす。これはなかなか大変ですね。こちらの聴き方も下手で、聞き落としも多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

菜飯、孫、スケッチ、梅酒

6月2日(水)

菜飯

一人で自炊を初めて11年と少し。これまで菜飯を作ったことがなかった。今朝、初めて試みました。と言って、作り方が難しいなんてことはありません。普通はダイコンやカブの葉で作るようです。ダイコンやカブの葉をこまかく刻んで、炒めて、温かい御飯に混ぜれば良いだけです。

今回、シュンギクで作ってみました。と言うのは、みちくさで借りている畑のシュンギクが出来すぎて、みんなで持ち帰ったものが大量にあったからです。シュンギクを刻んで、1パック100円の小エビを一掴み入れ、炒めて塩少々で味を付け、御飯に混ぜました。その御飯は1食分冷凍してあったものです。つまり、菜飯を1食分だけ作ったのですが、けっこおいしいですね。

これなら、今度はダイコンの葉で作ってもいいなあ。

次女の家の孫は、間もなく生後5ヶ月になります。顔なども、いかにも赤ちゃんらしい顔になり、元気です。まだ私のことが分かるとは思えませんが、私を見て、笑うような表情をしたり・・・ウーン、爺ばかです。

航空公園のスケッチ

15分でスケッチするのが、私の理想です。散歩をしながら、ちょっと立ち止まって描きたいのです。しかし、実際には倍くらいかかったりするんです。もっと早くならなくては・・・。

Tati0009

Tati0010

梅酒

今日、梅酒を1本漬けました。まだ梅が高いので、もう少し安くなったら、もう1本漬けるつもり。今日の梅は、南高梅です。梅の種類によって味が違うのかなあ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

包丁研ぎ

6月1日(火)

こぶし福祉会のかすみがわ食堂で、包丁研ぎのボラ。月に1回。ついでに精障者小規模作業所コパンの庖丁も研ぐ。いつも10数丁になります。

食堂の庖丁だから、昼食のピークが過ぎてから研ぎにはいる。終わってから、いつもだと霞川から入間川へと散歩するのだが、今日はその気が起こらず、近くの稲荷山公園へ。

例によってワンカップを飲みながら、スケッチ2枚。そのうちの1枚をアップします。ろくでもないスケッチだけれども、他に載せるものがないのです。

Tati0009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »