« 歩く会・庭園散歩 | トップページ | 畑のことなど »

2010年5月24日 (月)

春泥に捉えられたる車かな

5月24日(月)

精障者作業所、ショップみちくさへ。ちょっと事件がありました。ことは畑の苗を植えるために起きました。

みちくさで借りている畑に、ナス、キュウリ、ミニトマト、ピーマンなどを、今日植えました。セキチュウで苗を買い、スタッフに運転してもらって畑へ。借りている畑の近くで、細い道をそろそろと動いた車が、折からの雨でぬかるんだ道を横滑りしてしまい、よその畑に、右側の前輪、後輪がはまってしまいまったのです。

耕しただけでまだなにも植えられていない畑だったので、作物に被害はないのですが、農家の畑なので良く耕されて、土が軟らかいのです。抜け出そうとしても、車輪はますます深みに沈んでいきます。シャベルで車輪の前後を掘り、板を渡し、何とか脱出しようと、後ろから押したりもしたのですが、駄目でした。結局、業者を呼ばなければなりませんでした。大の男が4人も来て、ジャッキを使いシャベルを使い、板や毛布を敷き、いやはや大変な騒ぎ。わたしなども車が倒れないように横から押したり、後ろから押したり、車も泥だらけになったけれど、人間の方も泥だらけです。

おかげで、脇腹や背中が痛い。風呂のあとに、サロンパスを貼ろうとしたけれど、これが貼りにくいのです。歳よりは体が硬いのだ。背中など、手の届かないところの方が多いのです。こんな時、独り者は悲劇なのだ。しくしくと、痛いなあ。

明日の洗濯物が増えちゃった。

|

« 歩く会・庭園散歩 | トップページ | 畑のことなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/34854913

この記事へのトラックバック一覧です: 春泥に捉えられたる車かな:

« 歩く会・庭園散歩 | トップページ | 畑のことなど »