« 名利の塵(ミョウリノチリ) | トップページ | 歌は通じる »

2010年5月 6日 (木)

北林谷栄さん

5月6日(木)

ゴールデンウィーク終わり。大方のサラリーマンは今日から仕事。ご苦労さん。こちらは無職の年金生活者。のんびりとしたものですが、やはり今日からボランティア開始。ただし、給料をもらってやるような仕事とは違い、必死になって働くという感じはありません。やはり、のんきはのんきです。

狭山ケアセンターのボラ。

民芸の北林谷栄さんが亡くなりました。ぼんくらカエルは、少しだけ接点があったような気がします。

20年くらいも前でしょうか。家具屋のアルバイトをしていたとき、トラックに同乗して中野駅近くの細い道に入りました。ちょうどゴミ出しの日だったようです。道が狭く、道の片側から乗用車がお尻を突き出して駐車していて、トラックが通ることが出来ない状態でした。私はトラックを降り、ゴミ袋を片隅に寄せました。そしてトラックを通したあとで、そのゴミ袋をもとの状態に戻していました。そこに出てきたのが、北林谷栄さんでした。私が片付けているゴミ袋の山に手をだし、

「あとは私がやって置くからあなたは行きなさい」

と言ってくれたのです。

「いえ、自分たちの都合でやったことですから、直しておきます」

「良いのよ。私がやりますから。あの車がお尻をつきだしていなければなんでもないのにねえ」

そう言って、まるで親切なおばさんそのもので、ゴミ袋を片付けてくれたのです。

私は、大女優北林谷江先生にゴミ袋を片付けさせた蛙です。

もしその当時、北林谷江さんが中野界隈に住んでいなかったとしたら、他人のそら似と言うことになるのですが・・・。どうなのかなあ。

|

« 名利の塵(ミョウリノチリ) | トップページ | 歌は通じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/34559265

この記事へのトラックバック一覧です: 北林谷栄さん:

« 名利の塵(ミョウリノチリ) | トップページ | 歌は通じる »