« 水彩画の会 | トップページ | 房総の山 »

2010年2月13日 (土)

あまゆき

2月13日(土)

いよいよオリンピックが始まりました。まさかカナダから電波に乗って寒気が来ているわけでもないのでしょうが、寒いなあ。

NHKでオリンピックの開会式の放送を始めたころ、私は買い物に行きました。細かな雨というかみぞれというか、その中間のようなものが降っていました。私の感覚では、みぞれというと綿雪くらいの大きくて湿った雪、という感じがあります。今日のは、霧雨みたいなみぞれです。

宮沢賢治が妹の死をうたった詩に、「あまゆきとってきてけんじゃあ」と言うフレーズが有ったような気がします。「あまゆき」というのは、私の田舎では「みぞれ」のことをいいます。賢治の田舎でもおそらく同じでしょう。妹が「あまゆきを取ってきてください」と頼んでいるわけです。このあまゆきは大粒の雪で、水分を多く含みながらも、積もっていなくてはなりません。実際、そうような雪も降ります。みぞれと言っても、雪よりのみぞれですね。

今日の降りは氷雨という方が良いのでしょうか。ただし冬に氷雨などと言うと、俳句をやる人からは文句が出そうです。俳句では、氷雨とは雹のことで、夏の季語です。

さてオリンピックですが・・・まあいいや。皆さん、頑張ってください。

|

« 水彩画の会 | トップページ | 房総の山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/33364777

この記事へのトラックバック一覧です: あまゆき:

« 水彩画の会 | トップページ | 房総の山 »