« 川も人間も蛇行する | トップページ | 水彩画の会 »

2010年2月11日 (木)

影隠し地蔵縁起・最終回

2月11日(木)

影隠し地蔵縁起 第20回(最終回)

     ~風は見ていた~

エピローグ

 それから何百年も過ぎても、人はまだ争いをやめないのである。日本は、アメリカと戦争をしたいた。

 そのころ、村は発展して町になっていた。

 その日は穏やかに晴れて、初夏の風が気持ちよく吹いていたが、空には黒雲がわき出して、何か不吉な予感のする日だった。少女が一人、影隠し地蔵の前で、草を摘んでいた。

 突然空に爆音がして、アメリカの爆撃機B29が、近くの軍需工場をめがけて、何発もの爆弾と焼夷弾を落としていった。めらめらと火が上がり、炎は清水八幡の社にも燃え移った。炎は風を呼び、風は炎を増幅させる。

Tati0012_3  あたり一面が火の海になった。少女はすぐに、影隠し地蔵の後ろに隠れた。影隠し地蔵が逃げまどう者を隠してくれることを、少女は知ったいた。しかし炎は、影があるものも無いものも、すべてを焼き尽くしていった。地蔵にも火がつき、少女と共に燃え上がった。

「あ! ひどい!」

 どこかで声がします。風の声でしょうか? いえ、慎くんが叫んだのかもしれません。気がつくと慎くんは、影隠し地蔵の前に立っていました。

 何事もなかったように人は歩き、車は走っています。影隠し地蔵は、二瘤川の橋のたもとにあるお地蔵さんでした。いつも赤いよだれかけを掛けていて、慎くんがこれまで何度も見たことのあるものでした。

 地蔵は、街の人が戦のあとで建てたものです。それは今でも、影隠し地蔵と呼ばれています。でも地蔵は、もう誰も隠しません。ただ立っているだけです。

 今も風は吹いています。風には喜びも悲しみもありません。風は、黙って吹いています。風は、ただ、見ているのです。

 慎くんは夕暮れの町を、のろのろと駅に向かって歩き出しました。

                   終わり    

|

« 川も人間も蛇行する | トップページ | 水彩画の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/33338488

この記事へのトラックバック一覧です: 影隠し地蔵縁起・最終回:

« 川も人間も蛇行する | トップページ | 水彩画の会 »