« 歩く会 | トップページ | 赤ちゃんはマイペース »

2010年1月18日 (月)

畑打ち

1月18日(月)

精障者作業所Mへ。 

Mで借りている畑の土の天地替え。畑の土も、1年に1度くらいは天地替えをする方がよい。冬は畑を休ませているところが多いので、その1部を天地替えした。鍬で表面の土を引っかき回すのではなく、シャベルを深く突き立てて、下の土と上の土を入れ替えるのである。農家ならば、今は機械でやる。われわれは狭い畑なので、手を使う。畠仕事の中では、もっとも疲れるものです。

  畑打って酔えるがごとき疲れかな

                竹下しずの女

  畑打てば雀も畑に冬日和

                ぼんくらカエル

並べると、その差は歴然。やっぱり、しずの女さんはすごいや。第1,ぼんくらカエルの句は、句自体が説明になっている。それでもまだ説明を付けないと分からないよね。畑打ちをすると、土の中の虫が掘り起こされる。それを狙って、小鳥が来たりするのです。説明に次ぐ説明、詩じゃないね、あーあ。

畑打ちは春の季語なので、竹下しずの女の句は春。ぼんくらカエルのは、冬の句ですが、春の季語が入っています。こういうのを徹底的に嫌う人も多いのですが、私は気にしません。

|

« 歩く会 | トップページ | 赤ちゃんはマイペース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/33035299

この記事へのトラックバック一覧です: 畑打ち:

« 歩く会 | トップページ | 赤ちゃんはマイペース »