« 影隠し地蔵縁起・8 | トップページ | 影隠し地蔵縁起・9 »

2010年1月31日 (日)

知らなかったこと 彩の森公園

1月31日(日)

昨日、今日、本や新聞から2つの知識を得ました。

吉川英治の『随筆 私本太平記』(講談文庫)を読んでいる。実は、吉川英治の小説は読んだことがない。何しろ彼のは、長いからねえ。随筆ならば、まあ気楽に読めるわけです。『私本太平記』を書くにあたっての裏話など、肩の力を抜いて書いているので、楽しく読めます。

足利尊氏の従兄弟か甥に、覚一という者が居て、盲人で平家琵琶の名手だったという。明石の検校と言われたらしい。それまで社会の邪魔者扱いされていた盲人に平家琵琶という職業を与えて、検校などの地位を築いた。以後の盲人の恩人ですね。

江戸時代には、盲人にも按摩や琴の名手には検校という地位のあたえて、弱者でも誇りを持って生きていく道があった。江戸時代というのは、案外弱者にも気を配って居るんだよね。その淵源が、覚一にあったわけだ。なるほどねえ。室町時代というのは、現代につながる生活習慣などが多くできた時代らしいけれど、こんなところにもあったんだね。つい50年くらい前まで、按摩は盲人の専業だった。今は関係なくなったけれど、それが良いのか悪いのか。今は弱者を蹴落とす社会だからなあ。

ついこの前、ブログでダーウインのことを書いたが、今朝の毎日新聞の読書欄に依れば、ダーウインって、熱心な奴隷解放論者だったらしいですね。さすがだなあ。

Imgp3023  

自衛隊入間基地の飛行機です。

入間基地の隣にあるのが、彩の森公園。場所は入間市なのですが、狭山市との境にある公園です。

Imgp3018

今日はことのほか子供が多かったね。日曜日だから、当たり前かな。

|

« 影隠し地蔵縁起・8 | トップページ | 影隠し地蔵縁起・9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/33196796

この記事へのトラックバック一覧です: 知らなかったこと 彩の森公園:

« 影隠し地蔵縁起・8 | トップページ | 影隠し地蔵縁起・9 »