« やったぜ、ベイビー  ほりかねの井 | トップページ | 元気でした  »

2010年1月 6日 (水)

かまくら伝説・2

1月6日(水)

かまくら伝説 第2回

不思議な少年

 しんしんと雪が降ります。その雪の下で、横手市はかまくら祭りの賑わいです。

 かまくらは大きな雪のほこらです。雪を積み上げて、中をくりぬいて作った雪の家です。中は、大人が立って入れるほどの高さがあります。真ん中に火鉢を置いて、まわりに3,4人の子供が座れるくらいの広さがあります。

 かまくら祭りは、子どもの祭りです。子どもたちはかまくらの中で餅を焼き、甘酒を温めるのです。かまくらの奥には水神様が祭られています。道行く人達は、水神様にお参りをし、甘酒をふるまってもらうのです。

 慎くんはお父さんに連れられて、かまくら見物に来ました。子どもたちに声をかけられて、水神様にお参りをしたところです。お父さんが甘酒を飲んでいるうちに、慎くんは外へ出ました。

 雪が激しくなり、あたりはミルク色の濃いもやに包まれてしまいました。そのもやの中からうきでしたように、一人の少年が現れました。藁の雪帽子を被り、藁の沓を履いています。

「こんばんは。君が慎くんですね。僕のかまくらに来てください」

「え? ぼくは今、お父さんを待っているんだ。だから行けないよ」

「君は『よんじゃめぐり』の意味を知りたいんでしょう? 『かまくら』の意味も知りたいんでしょう? だったら、僕のかまくらに来てください」

 それだけ言うと、少年は慎くんの答えも聞かず、くるりと向きを変え、どんどん歩きだしました。慎くんは見えない糸にひかれるように、その少年に付いていきました。少年はずんずん歩きます。慎くんも、せっせとついて行きました。まわりの景色は、ミルク色のもやの中です。慎くんには少年の後ろ姿しか見えません。少年は、いくらか片足を引きずっているように見えます。

 しばらく歩いて、少年は急に立ち止まりました。

「これが僕のかまくらだよ」

 少年の指さす方を見ると、ミルク色のもやの中から、かまくらがひとつ浮かび上がりました。少年は慎くんをうながして、そのかまくらの入りました。ほかには誰もいません。慎くんが水神様にお参りをすると、少年は甘酒をくれました。その甘酒を飲むと、もやはますます濃くなって、不思議な少年さえも見えなくなりました。

                      続く

|

« やったぜ、ベイビー  ほりかねの井 | トップページ | 元気でした  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/32886398

この記事へのトラックバック一覧です: かまくら伝説・2:

« やったぜ、ベイビー  ほりかねの井 | トップページ | 元気でした  »