« かまくら伝説・1 | トップページ | かまくら伝説・2 »

2010年1月 6日 (水)

やったぜ、ベイビー  ほりかねの井

1月6日(水)

やったぜ、ベイビー。

次女、男児出産。今、そのニュースに接したばかり。母子とも健康のようだ。私の気分、そわそわ。私にとって、3人目の孫になる。とにかく、そわそわ。

上の文だけ書いて1度アップしたけれど、考えてみれば、私が家でそわそわしたところで何も変わらない。母子ともの健康だそうだから、明日、病院に行きましょう。

散歩をしました。目的もなく家を出て、着いたのは堀兼神社と堀兼の井。

Imgp2757

真ん中に木の棒が幾つか見えるが、そこに井戸がある。地面をすり鉢状に掘って、その底から井戸を掘る形で、「まいまい井戸」というもの。まいまいとは、カタツムリのこと。カタツムリの殻のように、螺旋状にまわりながら降りていく井戸という意味です。

枕草子168段は「井は、ほりかねの井」ではじまる。岩波の「日本古典文学大系」では、ほりかねの井の註に「武蔵の国入間郡堀兼村」とある。現狭山市の堀兼だ。しかし枕草子に出てくる「ほりかねの井」がこの井戸という考えには、疑問を呈する郷土史家が多い。「ほりかねの井」とは「まいまい井戸」のことで、特定の井戸ではないと言う意見もある。

散歩が、堀兼の井に着いてしまったので、今度は「七曲の井」に寄ることに決めて歩き出す。

Imgp2762  

これが「七曲の井」周囲70㍍、直径26㍍、深さ11.5㍍。堀兼の井より、こちらの方が古いと思われる。平安時代中期にはあったらしい。だから「七曲の井」こそ、「ほりかねの井」だと考える郷土史家もいる。ここは入曽地区だが、小字が「掘難井」というらしい。

この井戸の隣に不老川が流れている。

Imgp2763_2

もっとも汚染された川のワースト1として新聞などに紹介されたことのある川である。今では行政や住民の努力で、普通の川になった。この川、元々は乾期になると水のなくなる川だったらしい。不老川と書いて、本当はトシトラズガワと言ったのだそうだ。正月には水が流れないので、歳をとらない(昔は誕生日ではなく、正月に歳をとった)というわけである。だから、川の脇に、川より深い井戸を掘ったものだろう。

堀兼と入曽を回って、今日の散歩は3時間あまり。

Imgp2765

|

« かまくら伝説・1 | トップページ | かまくら伝説・2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/32883857

この記事へのトラックバック一覧です: やったぜ、ベイビー  ほりかねの井:

« かまくら伝説・1 | トップページ | かまくら伝説・2 »