« 天狗が塔に棲みつく・3 | トップページ | 幽霊が乳児に授乳する »

2009年12月 3日 (木)

なだ・いなだに寄せて

12月3日(木)

老人介護施設Kへ。

なだ・いなだの『心医者』を読んでいる。私はなだ・いなだの本が好きである。本が好きと言うより、物の考え方が好きといえる。

最初になだ・いなだを読んだのは、たしか『帽子を』という小説だった。彼の最初の本が出る前である。だからほとんどはじめからの読者といえる。最初にでた本が『パパの贈り物』だったと思うが、もちろんこれも読んだ。

その後も彼の本は良く読んだ。別に全部読んだわけではないのだけれど、何冊読んだか、と聞かれても答えられないくらいは読んでいる。

なだ・いなだの何処が私の気に入っているのか。彼の考え方の柔軟さだと思う。彼は物事を断定しない。それぞれの考えにそれぞれの理由があることを認める。これは、私の好きなモンテーニュと通ずる。

世の中のことは、人間も社会も、簡単には断定できないものである。それでもさまざまなことについて、自分の態度をはっきりさせなければならないことも多い。その時、ふらふらと判断がぶれるようではいけない訳だ。

頑固一徹で何があっても自分の考えを変えないのは、頭が固くなった証拠だけれど、柔軟に考えながらなおぶれない、ということも必要である。そこが難しい。

鳩山さん、近ごろぶれてませんか?・・・蛇足でした。

|

« 天狗が塔に棲みつく・3 | トップページ | 幽霊が乳児に授乳する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/32475514

この記事へのトラックバック一覧です: なだ・いなだに寄せて:

« 天狗が塔に棲みつく・3 | トップページ | 幽霊が乳児に授乳する »