« 本のないお話・5 | トップページ | 本のないお話・6 »

2009年12月29日 (火)

冬の智光山公園

12月29日(火)

12月29日というのは微妙な日ですね。年末には違いないけれど、日曜祭日には入らない、普通の日のようでもある。30日になれば、祝祭日に入らなくても、それに準ずる日という感じがある。29日だと、どうなのかなぁ。心は浮ついていますけれど・・・。

今年中にすることは昨日終わったと思っていたけれど、いろいろすることはあるものです。たとえば、孫たちが去ったあとの洗い物や布団干し。

100円ショップにカレンダーを買いに行きました。絵や写真の付いているカレンダーではなくて、曜日と日にちだけあって、書き込みが出来る余白の多いカレンダーが欲しいのです。去年まで、そんなカレンダーを置いていたのですが、今年は絵や写真が入ったものだけになっていました。やむを得ず、ケイヨーデイツーに行き、2冊買いました。100円で買うつもりだったので、予算は大幅に増えました。

なんで2冊かと言えば、1冊はごみ専門の書き込みをするカレンダーで。もう1冊は、私の予定を書き込むカレンダーです。

ごみは、燃えるごみ、燃やさないごみ、プラスチック、ペットボトル、ビン、カン、電池、古紙、古布などがあり、とても覚えてはいられない。そこで専門のカレンダーを作っているわけです。

予定の書き込みは、普通は手帳に行うのでしょうが、歳なので忘れっぽくて、手帳とカレンダーの2本立てにしています。ボラ関係、趣味関係、個人的なこと、などいろいろあって、これも覚えてはいられません。私などは職人でしたから、現役時代の方が単純でした。

買ったカレンダーにさっそく書き込みです。ごみ関係は、市から配られた予定表を見ながら、1年分全部書き込みました。

そんなことをして午前中は過ごし、天気が良かったので午後は散歩。智光山公園へ。公園のいくつかの池は浚渫工事をするようで、水が抜いてありました。大きな池が、中心部でも、深さ30センチくらいしかなかったなんて、水を抜かれたのを見て、はじめて知りました。わずかに残った水溜まりに、かもがいるのが哀れです。

Imgp2676

年末のせいもあるのか、公園はいつになくがらんとしています。水を抜かれているので、カワセミばかりでなく、カワセミを狙うカメラマンもいません。確かにカワセミは美しいけれど、なんでそればかりなんだろう。白鷺だって美しいよ。

Imgp2680

智光山公園には、林、池、芝生、せせらぎ、などがあり、大好きな公園です。何度となく行っているのに、今まで気づかなかった碑がありました。

Imgp2683_4 智光山公園開園記念碑です。碑文は、次のように書いてありました。

「昔よりこの地は智光山と呼ぶ。九頭竜池とこの付近を遊園地にしようと有志相計り、協力、努力をかさね、市よりも助成金を得るにいたり、公園らしくなった。七ヶ年の皆さんの協力、尽力によるものであり、今後益々発展いたすよう七周年の記念として碑を建てる。昭和34年4月24日」

あまり上等な文章ではないけれど、原文のままです。句読点はぼんくらカエル。                  

|

« 本のないお話・5 | トップページ | 本のないお話・6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/32783106

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の智光山公園:

« 本のないお話・5 | トップページ | 本のないお話・6 »