« 隋転力量・2 | トップページ | シラミの瘤 »

2009年12月 9日 (水)

組織を守る

12月9日(水)

生きているものは、まず自分の身を守る。そして、家族や自分の愛するものを守る。その次くらいに、自分の属する組織を守る、というのが来るのかな。ときどきは逆転して、愛する組織のために我が身を捨てる、なんて言うのもあるけどね。

昨日は、太平洋戦争開戦の日。私は何がなんでも、戦争は絶対悪だと思っているけれども、そうは思わない人も多いんですよね。そんな人は、正義のための戦いなんて言うんだ。そのために、自爆テロをする人だっている。

アメリカにはアメリカの正義があり、イラクにはイラクの、アフガンにはアフガンの正義がある。一方の正義だけが正しいわけではない。正義のための戦いといって武器を取っていた日には、この世界から戦争は無くならないのである。

人間には戦争に限らず、他人を攻撃したいという、闘争心があると思う。それを、スポーツや碁や将棋や芸術や口論で競っていれば危険はないが、武器を持ったらアウトです。その武器が、国単位だと核兵器になったりする。危なくてしょうがない。核兵器の戦争抑止力なんていっているのは、やくざの論理だ。

国という単位は、われわれの属する組織の中で、1番とは言えないが、かなり大きい組織である。その組織のために核兵器が必要というわけだ。でもね、本当に核兵器が必要だと思っているのは、国ではなくて軍隊かもしれない。軍隊は国を守ることになっているが、最後になったら国に反しても軍隊は軍隊を守るよ。軍人が直接属する組織ですからね。太平洋戦争も、海軍や陸軍が、軍を守るために始めてしまったらしい。国の運命よりも、軍の運命の方が大切だったんだ。そして国民には自己犠牲を要求した。最たるものは特攻隊。

鳩山さん。3党連立は大切だけれど、連立という組織を守ることが最優先、と考えているわけではないでしょうね。

|

« 隋転力量・2 | トップページ | シラミの瘤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/32548250

この記事へのトラックバック一覧です: 組織を守る:

« 隋転力量・2 | トップページ | シラミの瘤 »