« 幽霊からの手紙・4 | トップページ | 幽霊からの手紙 »

2009年11月19日 (木)

本の話

11月19日(木)

食堂の日替わりメニューみたいに、コロコロと天気が変わる。昨日は晴れで、今日は雨。明日は晴れるそうだ。

老人介護施設Kへ。

最近読んだ本。『日本語の美』ドナルド・キーン著、中公文庫。

ドナルド・キーンのエッセイ集です。私にはエッセイなどが良いんです。本格的な学術書なんか読んだら、消化不良で下痢をしちゃう。

今読んでいるのが『外国人による日本論の名著』中公新書。

ここで紹介されているのは42冊で、私が読んだのはたった4冊。読みたいものは沢山あるけれども、死ぬまでに何冊読めますかね。2-3冊読めたらいい方でしょう。何しろ、立派な本だけ読みたいわけではなくて、どうでもいい本を読むのが好きなんです。読みたい本が沢山あって、残り時間は少ないし。

次に読もうとしているのが萩原朔太郎著『与謝蕪村』岩波文庫。

与謝蕪村に直接当たろうとするのではなく、萩原朔太郎を通して当たるのですから、手抜きと言えば手抜きですな。でも、直接当たったら腹痛でも起こしかねません。私の胃腸は消化能力が劣るから、他人が料理してくれた方が食べやすいのです。

|

« 幽霊からの手紙・4 | トップページ | 幽霊からの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/32278472

この記事へのトラックバック一覧です: 本の話:

« 幽霊からの手紙・4 | トップページ | 幽霊からの手紙 »