« 幽霊からの手紙 | トップページ | 幽霊からの手紙・6 »

2009年11月20日 (金)

鰯雲 耳相

11月20日

特養浪人ホームMへ。

M平気ながら空を見ると、いちめんに鰯雲が広がっている。これはこれできれいなものですね。どういう加減で、空一面に餃子を並べたような雲が出来るのだろうか。ひとつひとつの餃子、じゃない、の大きさはどんな加減で決まるのだろう。

昨日訪問した老人介護施設Kの利用者さんに、

「あなたの耳は鋭い人の耳だ」

と言われました。これだけでは何のことだか分かりません。耳相を見るのだそうです。

「耳相を見るくらいなら、人相も見るのですか?」

というと、

「耳相だけ」

だってさ。

いろいろあるんですね。もっとも、「鼻毛を読む」というのだってあるからナア。足の裏の相を見るのだと言って、女性を下から覗きたがる人もいましたな。

|

« 幽霊からの手紙 | トップページ | 幽霊からの手紙・6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/32288982

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯雲 耳相:

« 幽霊からの手紙 | トップページ | 幽霊からの手紙・6 »