« 忍びの術 | トップページ | かまイタチ・だいば風 »

2009年10月19日 (月)

ナラ枯れ

10月19日(月)

精障者作業所「みちくさ」へ。

今あちらこちらの山で楢の木が枯れているのだそうです。気がつかなかったなあ。私は山歩きといっても、関東地方の山が中心だし、関東地方はまだ被害が少ないのだそうだから、そのせいで気がつかなかったのだろう。

松枯れは随分前から問題になっています。山歩きをしていると、手入れのされていない森林を多く目にします。杉だって、勢いの無い木が多くなっています。天然林の楢までですか。

楢は家具材として人気のある材質でした。しかし現在ではあまり使われなくなったと聞きます。また、楢は高給炭の材料でもあります。しかしこれも、使われる量は減っていますよね。

使われなくなった楢は、当然大木になるわけです。人間などは、大男を見ても、「あいつはデッカイや」と思うだけですが、木は、大木を見ただけで、畏敬の念に駆られます。でも、楢は大木になるのが問題なんですってね。楢の害虫「ナキノナガキクイムシ」とか言う奴は、楢の大木を好むんだって。とにかくこの「ナキノナガキクイムシ」(長い名前だねえ、もう一度書いたらきっと間違うよ)という奴に寄生されると、楢菌というのが繁殖して、導管がふさがり、木は水を吸い上げられなくなるのだそうです。

八ン場ダムについては、私ごときが軽々しくものを言うことが出来ません。しかし、他にも計画中のダムが、何百もあるんだそうですね。江戸時代から、洪水対策は、山の手入れをすることでした。戦後は、山の手入れを怠って、ダムで解決しようとしたのです。その報いで、今、山は荒れているのでしょう。ダムにそそぐ金の何割かを、山の整備に使っていたら、松枯れも楢枯れも防げたのではないでしょうか。

|

« 忍びの術 | トップページ | かまイタチ・だいば風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/31851362

この記事へのトラックバック一覧です: ナラ枯れ:

« 忍びの術 | トップページ | かまイタチ・だいば風 »