« 台風 | トップページ | 雑炊(銃後の生活・2) »

2009年10月 8日 (木)

振り子時計 伏せ

10月8日(木)

台風一過です。

狭山市にいると、大した台風ではないような気がしていました。ベランダの鉢などは昨夜室内に入れていたのですが、そのほかには、これと言って問題はありませんでした。でも全国では、いろいろな被害があって、亡くなられた方もいたようです。お悔やみ申し上げます。

文化財の被害も結構あるようです。石清水八幡宮、法隆寺、大徳寺、唐招提寺、上賀茂神社、彦根城、高松塚古墳などにも被害があったそうです。かって訪れたことのあるところもないところもありますが、大した被害ではないことを祈ります。

ボラグループたけのこ定例会。

精障者作業所みちくさへ。

Imgp2139       

こんな時計を作りました。12時、3時、6時、9時の文字はコルクをくりぬい手作った物、その他の時刻にはってあるのは木の枝を切った物、振り子は木材です。

私などが戦争中の話しをするのは、もはや郷愁のようになってしまいましたが、たまにそんな話しをすると、熱心に聞く人もいます。少しは話す価値があるのかなあ。

「伏せ!」の話しをします。

と言ってもなんのことか分からないでしょう。小学校低学年のころ、授業中に、先生がときどき「伏せ!」と言うことがありました。

Photo

絵が下手なのはしょうがないとして、このイラストを見てください。先生に「伏せ!」と言われると、私たちは急いで座っている椅子を机の上に置き、目と耳たぶを塞いで頭を机の下に潜り込ませて伏せるのです。

目と耳たぶを塞ぐのは、空襲による爆風で、目がとびだしたり鼓膜が破れたりするのを防ぐためです。頭を机の下に入れるのは、いくらかでも頭を保護しようと言うことでしょう。

いつ何があるか分からない時代ですから、先生は授業中でも、いきなり「伏せ!」と言って、練習させるのです。机の上に椅子を置き、目と耳を塞ぎ、机の下に伏せるまでの時間は、3秒でやることを求められました。

でも、この姿勢、練習でやったことはあっても、実際にしたことはありません。

|

« 台風 | トップページ | 雑炊(銃後の生活・2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/31707860

この記事へのトラックバック一覧です: 振り子時計 伏せ:

« 台風 | トップページ | 雑炊(銃後の生活・2) »