« かまイタチ・だいば風 | トップページ | ゴンチャ-ロフの日本渡航記 »

2009年10月20日 (火)

ミニ放浪?

10月20日(火)

気が向いて、行くあても決めずに自転車でふらりと出かけた。で、まあ、結論だけ言えば、稲荷山公園から電車に乗り、西武秩父からバスで、小鹿野町まで行ってしまった。電車に乗ったのも、西武秩父からバスに乗ったのも、単なる気まぐれ、その場で決めたことである。

私はこういう事をよくやる。出来ることなら、山下清や山頭火なみに放浪したいところだ。何時もぽかぽか陽気ならばいいけれど、雨風の日や、暑い日寒い日があることを知っているから、本気で放浪しようとは思いませんけれどね。憧れる気分みたいなものはあるわけです。

ふらりと小鹿野町まで行ってしまったが、実はこの町、好きなんです。町のたたずまい、風景画美しいですね。毎年2回くらいは訪れます。

西武秩父からバスで行くのですが、途中の田村と言うところがまた素敵な土地です。低い山に囲まれた、秩父盆地の中のミニ盆地で、小さな集落があります。いつぞやこの集落を訪れたとき、土地の老婆と親しくなり、いろいろな話しをしました。「私が嫁に来てから、ここは何も変わらない。家が2軒増えただけだ」なんて行っていたなあ。よほど田村で下車しようかと思ったけれど、昼食を取れるような食堂もなさそうなので、結局小鹿野まで行きました。

小鹿野町役場で下車。近くの食堂で昼食。小鹿野での昼食は大抵ここで食べる。

その後、正永寺、辻が丘天満宮、小鹿野神社を経て四季の道を歩く。

Tati0009

近ごろはカメラを忘れてでることが多い。ちょっとした外出には、やはりカメラが欲しい。スケッチだけではもの足りません。

Tati0010

正永寺から小鹿野神社へは、自動車1車線のの細い道で繋がっています。

Tati0011

通りがかりの農夫と絵を描きながら雑談。

「この道路はみんな、自分たちで造ったんだよ」

「へえ、そうなの?」

「みんな自分たちの土地を、只で出してさ。俺はこの電信柱のところから向こうの電信柱まで出したんだ。それに、道作るために1ヶ月くらいただ働きしてさ」

「それでこの道が出来たんだ」

「うん。今年は出来が悪くてナア」

「え?」

「今年はなんにも満足に出来ねえだよ。サツマイモだけだな、平年並みに出来たのは・・・」

「ああ、そうですか」

「夏の天気がおかしかったでな・・・これから芋掘りに行くだ」

下は西武秩父駅の電車から見た車窓風景。

Tati0012

そして車内スケッチ。

Tati0013

Tati0015

|

« かまイタチ・だいば風 | トップページ | ゴンチャ-ロフの日本渡航記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/31865690

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ放浪?:

« かまイタチ・だいば風 | トップページ | ゴンチャ-ロフの日本渡航記 »