« 人鬼 | トップページ | 耶律楚材 今坂柳二 »

2009年10月 5日 (月)

無駄について

10月5日(月)

精障者作業所「みちくさ」へ。

鳩山政権は、国の無駄を省こうとして躍起になっています。

どんな政府でも、どんな国家でも、無駄はあります。世の中はなんだって、無駄だらけです。私なんか「おまえなんぞが生きているのは無駄だ」と言われたら、「ごもっとも」と言うしかありませんけれどね。

我が国は、多分無駄の多い国なのでしょう。私は他国と比較する力はないから断言は出来ませんが、かなり無駄なことをしていますね。

無駄にもいろいろありますが、今日は経済的な意味だけに使います。私のように何も考えず、ボーッと過ごしているような人間にも、それと分かる無駄に良くであいます。自治体や公益法人が建てたと思われる施設で、ほとんど使われていない物など、あちこちで目にします。マスコミにも随分取り上げられたことですから、別に目新しくはないけれど。

北八ヶ岳に行ったときだったかなあ・・・。林道が落石で通行不能になっているのを見ました。地形から言って、落石の多いところだったようです。その日の宿で、地元の人に、

「あの道が本当に必要な道なんですかねえ。落石で歩けない状態になってるし」

と聞いてみると、

「あそこは良く通れなくなるんだよ。でも、それでいいのさ。道が壊れれば治す仕事が増えるから」

だって。

林道を造るより林を作る方が大切なはず。林の手入れに金を回せばいいのに・・・。地方に仕事を与えると言っても、土建屋さんばかりじゃネ。

せっかく政権を交代させたんだから、取りあえず新政権に頑張ってもらいましょう。

平凡なことを書きました。「今日は」ではありません。「いつものように」です。

|

« 人鬼 | トップページ | 耶律楚材 今坂柳二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/31655568

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄について:

« 人鬼 | トップページ | 耶律楚材 今坂柳二 »