« 了仙の貧窮 天狗道・3 | トップページ | 御伽婢子下読み »

2009年10月24日 (土)

奥多摩むかし道

10月24日(土)

歩く会で、奥多摩むかし道を歩く。

参加者7名。奥多摩駅から奥多摩湖まで、約10キロ。4時間弱かけて歩く。奥多摩むかし道というのは、旧青梅街道で、甲州裏街道とも言うらしい。

Imgp2152

Imgp2156

昔の人は、山の斜面に細い道を通して、生活道路を造ったものらしい。こんな道でも、街道と言うからには、生活道路以上の役目があったのだろう。

Imgp2153

道筋には、こんな家を幾つも見かけた。険しい斜面に家を作るため、玄関を道路と同じ高さにすることが出来ないのだ。

Imgp2159

コースの途中に吊り橋が二つ。二つとも、渡って戻ってくると言うだけの橋で、むかし道自体は渡らずに進むのである。

でも、吊り橋などがあると渡ってみたくなるのが人情。最初の橋、しだくら吊り橋のある辺りは、惣岳渓谷というのだけれども、道と渓谷の高低差がありすぎて、渓谷の様子がよく分からない。しだくら橋を渡って、その脇から河原におりる径があり、河原に降りてはじめて渓谷を実感できるのである。

しかし、渓谷へ降りる径は一般の人にお勧めは出来ません。われわれは山の会なので、少々の悪路でも行ってみます。この河原で昼食。

コース中、昼食に適している場所といえば、河原に降りる降りないにかかわらず、しだくら橋を渡った辺りと、中山集落を過ぎた辺りの草地(草原と言うほど広くない)くらいかと思います。あとは奥多摩湖畔かな。

惣岳渓谷、河原からの写真をもう少し載せてみましょう。

Imgp2157

Imgp2160

Imgp1888

今年の紅葉は早いと言うことですが、さすがにこれからはじまるという雰囲気。紅葉を愛でると言うには、まだ早すぎました。

Imgp2165

今日一日、快晴といえないのが残念。

|

« 了仙の貧窮 天狗道・3 | トップページ | 御伽婢子下読み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/31926664

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩むかし道:

« 了仙の貧窮 天狗道・3 | トップページ | 御伽婢子下読み »