« 清潔と不潔 下界の仙境 | トップページ | スケッチをし損なう 金閣寺の幽霊と契る・1 »

2009年9月22日 (火)

竜門峡

6月21日(月)

1度行ってみたいと思っていた竜門峡へ行く。紅葉の名所らしいので、本当はもう少し時期をずらす方が良いのだけれど、シルバーウイークでボラも趣味の会も休みで、暇をもてあまして出かけたしだいです。

中央線甲斐大和駅下車。竜門峡入り口までバスがあるのだけれど、本数が少なくて、往復とも全部歩いた。11時15分ころ甲斐大和駅着。次のバスは13時30分とか言うのだから、待ってはいられない。途中、武田勝頼の霊廟がある景徳院には帰りに寄ることにして素通り。竜門峡入り口についたのがちょうど12時。

                                                                                     Imgp2021  

はじめはこんな立派なな遊歩道。奥にいる二人ずれは老夫婦。老夫婦がいたわり合いながらこんな所を歩いているのを見ると、ほのぼのする。私にはもはや縁のないことだけれども。

Imgp2023

けれどもすぐに、こんな道になります。一人で通るのがやっとで、すれ違うのも場所を選ばなければなりません。コース案内では、竜門の滝、落合3つの滝、など書かれていますが、滝をどうこう言うより、売りは渓谷美ですね。

Imgp2027

Imgp2026

Imgp2035

Imgp2038

Imgp2041

Imgp2042

気まぐれに渓流ばかり載せてみたけれど、こんなに並べてしまうと、返って迫力がないね。小さな滝が幾つもあって、白く泡を立てる急流との組み合わせ良いと思いました。

樹木の様子を見ると、紅葉は、間違いなく美しいだろうと思います。

竜門峡を上り詰めると栖雲寺があり、そこからは一般道を下る。途中天目山温泉で入浴。3時間で500円(1日800円)。露天風呂もある、アルカリ温泉。

Imgp2051

景徳院です。武田勝頼と一緒に自刃した奥方は19歳なんですね。嫌だネエ戦争は、今も昔も。

                      

|

« 清潔と不潔 下界の仙境 | トップページ | スケッチをし損なう 金閣寺の幽霊と契る・1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/31469314

この記事へのトラックバック一覧です: 竜門峡:

« 清潔と不潔 下界の仙境 | トップページ | スケッチをし損なう 金閣寺の幽霊と契る・1 »