« 天狗山・男山 | トップページ | ビラ配り 木の時計 »

2009年9月14日 (月)

天狗山・男山

9月13日(日)

山の会、山行で、天狗山、男山に行ってきました。昭文社の地図では西上州のはじっこにありますが、奥秩父、八ヶ岳、西上州の間にあるような山。

快晴。絶好の登山日和。大深山登山口から登ったのですが、登山口にはなんの標識もありません。と言うより、入山禁止ののぼりが立っていました。Imgp1980

それでも一般道のようなのでそのまま天狗山に向かって進む。

やがて舗装道路から登山道らしい道にはいると、間もなく鉄線で道を遮られる。しかしその道しかなさそうなので、あえて進む。暫く直進し、右に曲がり左に曲がり、やっと小さな標識に出会う。そこから急登。林の中に、道があるようなないような、ルートを探しながら登ります。

尾根まで出ると馬越峠からの道に合流。私たちの登ってきた道にはさほど太くはない丸太が横に置かれ、下山できないと思わせているようです。

どうやら土地の所有者は、その登山道を通らせたくないようです。昭文社の地図には登山道として記されていますが、廃道と言っても良いでしょう。

登山と言っても地主にとっては迷惑なばかり、と言う訳なのでしょう。天狗山への入山は、馬越峠からをおすすめします。

Imgp1987

天狗山からは360度の絶景。これから向かう男山(奥の方)です。たまたま今日だけのことと思いますが、頂上は羽虫が多くて、それを避け、少し下がったところで昼食。

天狗山から男山へは、尾根道を、かなり下って登り返します。樹林や岩の道が時々開け、すばらしい景色を見せてくれます。

Imgp1990

前方に男山、

Imgp2003

振り返れば天狗山。

Imgp2001

うっすらと富士山も見えます。 富士山の左は瑞がき山。

変化の多い良い山行でした。標識は極端に少なく、ルートの見極めもしなくてはなりません。昭文社の地図では一般ルートというようですが、初心者は避けるべき山と思いました。

|

« 天狗山・男山 | トップページ | ビラ配り 木の時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/31364851

この記事へのトラックバック一覧です: 天狗山・男山:

» 民主・田中美絵子氏 エジプトでピラミッドに上って逮捕されていた  [【小沢ガールズ】民主・田中美絵子氏 過去に逮捕されていた【風俗ライター】]
民主・田中美絵子氏、過去に逮捕されていた事が判明。エジプトでピラミッドに上って身柄拘束されていた。 [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 17時43分

« 天狗山・男山 | トップページ | ビラ配り 木の時計 »