« 平凡だけれど 飛び加藤 | トップページ | ベランダの野菜 霊魂と契る・2 »

2009年8月 7日 (金)

今日の失敗 霊魂と契る

8月7日(金)

水彩画の会。

今日、重大な失敗を二つしました。そのうちの一つを書きます。

朝、天気がよかったので、ベランダの植物に水をやり、布団を干しました。

午後は水彩画の会。帰りは雨が降り出しましたが、Yさんの車で送ってもらったので、私は濡れずに済みました。代わりに濡れたのが、ベランダの布団です。干したときには、昼には取り込まなければと思っていたのに、忘れたんです。

飯能市では1時間に百何十ミリとかの雨で、記録的だったとニュースで言っていました。我が狭山市は飯能の隣です。一時は本当に激しく降りました。おかげで布団はびしょ濡れ。

びしょ濡れになった布団は、それでお釈迦と思われがちですが、天気の良い日に数時間干すと、完全に乾きます。なぜ知っているかと言えば、過去にも布団をびしょ濡れにしたことがあるからです。

ドジのトホホ人間は、ドジをしても慌てないのです。でも、やっぱりトホホ。

御伽婢子・69

霊魂と契る・1

尾州清洲と言うところに、小山田記内という者が住んでいた。

ある夕方、門に立ってぼんやりと外を見ていたら、17.8歳のイケメンの女が西から東の方に歩いて行く。次の日もまた、その女が西から東に通っていった。

記内も、いささか評判のイケメンである。女は記内をチラと見て、ポット顔を赤くして通りすぎた。

次の日も、その次の日も、記内は門に立ち、女は通りすぎた。4.5日たって、記内は意を決して女に近づき、手を握ってみたら、女も軽く握り返した。

「あなたは毎晩ここを通りますが、何処にお住まいですか? そして、何処へ行かれるのですか?」

「私に家は西の方にあります。用事があって、東の村に参ります」

記内は「うちへ寄っていきませんか」などと言って誘ってみたら、女は「嫌」とも言わず着いてくる。二人は、その夜の内に出来てしまった。

明け方、女が帰るとき、

「今度は、いつ来てくれるのですか?」

「人目を忍ぶ身です、決まった日に必ず来るとは言えません」

   なほざりに契りおきてや中なかに

         人の心のまことをも見む

と歌を詠んだ。記内は、歌までもと思っていなかったので、ますます心を惹かれ、その返歌。

   言いひそめて心かはらば中なかに

         契らぬさきぞ恋いしかるべし

                          続く

|

« 平凡だけれど 飛び加藤 | トップページ | ベランダの野菜 霊魂と契る・2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/30871994

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の失敗 霊魂と契る:

» 夫が逮捕の酒井法子が行方不明!失踪か?山梨で発見の情報も [のりピー今いずこ・・]
行方がわからなくなっている酒井法子!山梨・南巨摩郡で酒井さんの携帯電話の微弱電波を確認! [続きを読む]

受信: 2009年8月 8日 (土) 02時36分

« 平凡だけれど 飛び加藤 | トップページ | ベランダの野菜 霊魂と契る・2 »