« 社会福祉大会 幽霊が武将を評する・5 | トップページ | 飲みながら書いてます 幽霊が武将の評をする・5 »

2009年7月12日 (日)

廻り目平・カモシカコース

7月12日(日)

山の会の定例会。

金峰山荘より、カモシカコース・屋根岩パノラマコースを経て金峰山荘に戻る。

6時に狭山市駅前を出発して、10時少し前に金峰山荘に着く。時計を見ていなかったので正確に書けません。

高速道路を佐久平でおり、長野県川上村へ向かう。高原野菜の産地である。広い土地にも狭い土地にも畑が広がっている。原野を切り開いて土地をならし、畑にしてきた人々の努力を思う。いまはどの畑にも、白いビニールシートが敷かれている。所々に畑仕事の人を見かける。傍に軽トラックなどがあるのが現代風。

マイクロバスが標高を上げるにしたがって、緑が柔らかくなる。

金峰山荘着。

Imgp1586

Imgp1588

Imgp1591

こんな岩の間を縫うようにして上がっていく。

私のような胴長短足属には一歩の上下差が厳しいところもある。私の足では次の一歩が踏み出せないようなところは、膝で登りお尻で降りて進む。なるほど、カモシカコースだ。コースの入り口に上級コースと書いてあった。

Imgp1596

Imgp1595

唐沢の滝。

Imgp1603_2

誰かが右側の岩を、ソクラテスに似ているという。なるほど。岩の哲学者だ。

その岩の高度を変えて撮った写真。

Imgp1604Imgp1607_2

御伽婢子は休みます。

|

« 社会福祉大会 幽霊が武将を評する・5 | トップページ | 飲みながら書いてます 幽霊が武将の評をする・5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/30520836

この記事へのトラックバック一覧です: 廻り目平・カモシカコース:

« 社会福祉大会 幽霊が武将を評する・5 | トップページ | 飲みながら書いてます 幽霊が武将の評をする・5 »