« 死後は自分の死を悲しめない 梅花屏風・5 | トップページ | 遅ればせの苗植え »

2009年6月20日 (土)

インプット、アウトプット

6月20日(土)

「明日に道を聞けば夕べに死すとも可なり」といったのは孔子様。

確かに、知ることは尊いに違いありません。しかし、知識を得たら、あとは死んでも良いというのはどうですかね。

実際の孔子は、自分の知恵や知識で政治がしたかった人。インプットするだけで満足する人ではありませんでした。アウトプットしたくて、弟子を連れ、諸国を歩いたのですから。

生涯学習などといわれ、歳をとっても何かを学ぼうという人は多い。まことに結構なことです。常に学ぼうという姿勢は、謙虚であり、誰にも文句を付けられる筋合いはありません。しかし、知識でも生活技術でも、学ぶだけではなく、外にも少しは出したいものだと思います。

高齢者は、多少の経験を積んでいますから、世の中からさまざまなものを戴きました。だから自分の得たものを、少しは社会に返していきたいと思うのです。自分の得たものがどんなに貧しくても、少しはお返しをするのが、健康な高齢者の役割だと思うのです。

と、まあ、抽象的な書き方でしたが、多少は学び、多少はお返しをしながら、この先健康で生きられたらと思っています。

午後、つばさ俳句会へ。

|

« 死後は自分の死を悲しめない 梅花屏風・5 | トップページ | 遅ればせの苗植え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/30198622

この記事へのトラックバック一覧です: インプット、アウトプット:

« 死後は自分の死を悲しめない 梅花屏風・5 | トップページ | 遅ればせの苗植え »