« ネズミに曳かれる | トップページ | あれこれ描いてみるけれど »

2009年6月23日 (火)

地獄を見てよみがえる

6月23日(火)

御伽婢子・33

地獄を見てよみがえる・1

原作  浅井了意

現代語訳  ぼんくらカエル

鎌倉に浅原新之丞という者が住んでいた。才知があって、弁舌が巧みであった。儒学を尊び仏法を馬鹿にしていた。あの世だとか輪廻転生だとか因果応報などと言われても、とんと気にせず、自説を述べるのである。僧、法師と言えども尊敬するどころか、なんのかんのと口にまかせてののしり、言い負かしてしまう。

その隣に孫平という者がいた。金持ちで欲が深く、でたらめな生活をして後世のことなど考えず、いたずらに魚を獲って殺生することを好んだ。

その孫平が、あるとき病についたが、あっさり死んでしまった。妻子は悲しんで、大金を使って、祈祷したり坊主に経を読ませたりしていたら、3日目には生き返った。

孫平は死んでいる間の出来事をかたった。

「俺が死んで冥土へ行ったけれど、その道は明かりが無くて暗かった。道を聞くにも、教えてくれる人もない。そろりそろりと歩いてしばらく行くと、門があった。中に入ってみると役所である。役人が俺を呼んだのでそばに行くと、こう言う。『おまえは死んだのだけれども、家族が悲しんで、大金をはたいて、僧を呼び、祈祷をした。その功徳で、再び娑婆に返してや』やれ嬉しやと思って門を出たら、生き返った」

孫平は「まことに仏事の効力はたいしたものだ」と喜んだ。

浅原はこれを聞いて大いに笑った。

「欲の深い地頭や代官は、賄賂をもらっては邪なものの肩を持ち、賄賂を送らないものに罪をなすりつける。金持ちは裁判にも勝つが、貧乏人は正しくても負ける。そんなことはこの世ばかりと思ったのに、あの世でも同じなのか。冥土の役人も金を積めば死んでも生き返らせる。それでは、貧乏人はあの世でも浮かばれない。地獄の沙汰も金次第というわけだ。閻魔大王も、金で罪を許すのか」

そういって、次の歌を詠んだ。

   おそろしき地獄の沙汰も銭ぞかし

        念仏の代によくをふかかれ

|

« ネズミに曳かれる | トップページ | あれこれ描いてみるけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/30245708

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄を見てよみがえる:

« ネズミに曳かれる | トップページ | あれこれ描いてみるけれど »