« 左甚五郎 | トップページ | わらしべ長者 妻の見ている夢を夫が現実に見る »

2009年5月31日 (日)

名栗湖のスケッチ

5月31日(日)

午前中、曇ってはいたが雨は降っていなかったので、智光山公園の菖蒲のスケッチに出かけた。ところが、ついたころから大雨で、尻に敷くはずのビニールシートを頭に被って、退散するはめになった。

残念なので、先日名栗湖で描いたスケッチを公開します。

Tati0009 Tati0010

Tati0011 Tati0012

さわらびの湯の近くから蕨山への登山コースがあるが、最近名栗湖まで行ってその脇から蕨山に登るコースが整備された。左上のスケッチは、そのコースの途中から名栗湖を見下ろしたもの。

右上は名栗湖の奥、この先はます釣り場になる。

左下は右上の絵の中にある橋を渡って対岸から描いたもの。

最後の絵は、名栗湖から棒ノ嶺に登る白矢沢コース登山口にある水飲み場。

奥武蔵の登山道で、もっとも魅力的なのは、棒ノ嶺に登る白矢沢コースだと思っています。狭い岩の間(ゴルジェ)を登り、滝の脇を登り、という登山道は、深山幽谷を歩いているような気分になります。関東ふれあいの道になっているので、よく整備されていますが、雨の降る日にこのコースを下ると、少し怖い。

○御伽婢子は、今日も休みです。

|

« 左甚五郎 | トップページ | わらしべ長者 妻の見ている夢を夫が現実に見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/29885564

この記事へのトラックバック一覧です: 名栗湖のスケッチ:

« 左甚五郎 | トップページ | わらしべ長者 妻の見ている夢を夫が現実に見る »