« もとの1人になりにけり | トップページ | 文明の逆説 »

2009年5月 6日 (水)

いかの塩辛

5月6日(水)

今日はなんで休日なのかとカレンダーを見たら、「振り替え休日」と書いてあった。ああそうか、3日が憲法記念日で、日曜日と重なったから、日曜日の分を今日休むのだな。何年前までかは覚えていないが、以前は日曜と休日が重なっても、振り替え休日なんて無かった。

年寄りは、一度覚えたことを、覚え変えるのが苦手だ。パソコンはこれが多いんだよね。困ってしまう。

この話題だけ書いても、1日分の日記は出来る。でも、今日は違う話を書きます。

私は妻に先立たれた一人者の年寄りだから、否応無しで家事をしなければならない。料理や洗濯、掃除は家事の3大要素である。料理のためには、食料品の買い出しに行かなければならない。食料品の買い物はスーパーでしている。

スーパーでの買い方は、人によって違いがあるだろう。今日は○○料理だから、それに合わせて食材を買う、という方法もある。特に何を作ると決めているわけではないが、美味しそうなものがあったらそれを買う、というのも一つの方法だ。

私などは、とにかく安いものを買う。肉、魚、野菜、果物、のバランスは考えるが、買うのは安いものと相場が決まっている。蟹や鮟鱇は、「有ることは知っています」という程度のものだ。栄養のバランスを考えた上で、安物を買い、家に帰って、冷凍したり冷蔵庫に入れたり、必要な処理をする。後は、冷蔵庫の中を見て、あるものでおかずを作るのである。

そんなとき頼りになるのが、インターネットのレシピである。最近は良くこれを利用する。

昨日買い物に行ったら、スルメイカの安いのがあった。小振りなイカだったが、6杯で300円。これは安い。一人者にイカ6杯というのは多すぎるけれども、冷凍すれば何とかなる。安物買いの私としては、逃す手はない。

家に帰ってから考えた。6杯も買ったのだから、そのうち2杯くらいで塩辛を作ってみよう。で、インタ^ネットのレシピを見ました。その一つに、恐ろしいことが書いてありましたね。生のイカには、往々にしてアニサキスという寄生虫がいるんだって。これは酢漬けや塩漬けくらいでは死なないそうです。これを食べちゃうと、入院騒ぎになるそうです。

イカの身についているアニサキスは、注意深く見れば分かるらしい。また、よく洗えば洗い流すことが出来るという。しかし内臓にいるものは、そんなことが出来ないそうです。幸いなことに、冷凍庫に1晩くらい置けば、アニタキスは死ぬといいます。私は用心して、24時間冷凍庫に置きました。そしてレシピにしたがって、塩辛を作りました。上手く作れたかかどうかは、4-5日後に分かります。

|

« もとの1人になりにけり | トップページ | 文明の逆説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/29469930

この記事へのトラックバック一覧です: いかの塩辛:

« もとの1人になりにけり | トップページ | 文明の逆説 »