« 小沢代表辞任 竜宮の棟上げ 4 | トップページ | ボラグループ定例会 竜宮の棟上げ6 »

2009年5月13日 (水)

世界バラ展 竜宮の棟上げ5

5月13日(水)

所沢西武球場で、世界バラ展を見る。

Imgp1415_2

まずはこの人だかり。 バラにそれほど興味があったわけではないけれど、会場近くに昔の知人がいたので、会いたくなって出かけたというのが実状。ところがその知人、バラは見たくないというので、帰りに会うことにして、1人でバラ展を見る。

Imgp1386

これがガーデニング部門大賞の作品。人だかりで、もっと良い角度からは写せなかった。

Imgp1380 Imgp1408

 バラの下に白バラのあるバラの園  ぼんくらカエル

Imgp1400 Imgp1411

バラと人に疲れて友人の家へ。友人とはいえ、会うのは何十年ぶりだ。私が琴作りの見習いだったころ、彼は三味線作りの見習いだった。共通の知人、誰、彼、のうわさ話に時を忘れる。私もよく喋るが、彼は私の上を行く。ほとんど聞き役。

犬(マルチーズというのかな?)を2匹飼っている。その犬の人なつっこいことと言ったらない。初対面の私に尻尾を振り、膝に乗り、手を甘噛みし、腕を舐め、頬を舐め、耳までなめ回す。2匹でその調子だから、くすぐったいやら、せわしないやら。

秋頃また会う約束をして別れる。

御伽婢子 通算 5回

竜宮の棟上げ 第5回

前回までのあらすじ 琵琶湖畔に隠棲する真上阿気奈君は、竜宮に招かれ、新宮殿の棟上げの祝言を頼まれる。祝言を書いて梁に掲げた後宴会になり、カニの精や亀の精たちの歌や踊りを見る。

酒宴はたけなわとなり、江の神、河の神、淵の神は客座を立ち、帰っていった。

真上は竜王に、、竜宮内の見物を願ってゆるされた。真上は庭に出たが、雲に隠れて何も見えない。竜王は雲をつかさどる役人を呼んだ。その頭には7つの輪がある兜を被り、鼻は高く、口は大きい。ハマグリの精に違いない。彼は口をすぼめて息を吐いた。すると雲は開け、数十里先まで見渡せるようになった。

庭の様子は、玉の植木を連ね、梢には五色の花を咲かせている。地には金や瑠璃の砂利を敷き、池には蓮の花が香りも高く咲いている。

竜王は役人を1人付けて、案内させた。

一つの楼閣があった。水晶で作られ、玉がちりばめられている。これに登ると空の上にいるような心地がした。

「ここは、神通力のある者しか登ることができないのです」

また、もう一つの高殿に登る。傍に丸い鏡のようなものがある。きらきらと輝いて、目を開けてみるには眩しい。

「これは何ですか」

「電母の鏡です。少し動かせば稲妻が走るのです。その近くにある大小の太鼓は、雷を落とす道具です」

真上は少し太鼓を打ってみたくなったが、役人が押しとどめた。

「これは雷公の鼓です。あなたが打ったりしたら、人間界は大変なことになります。大地は裂け、雷鳴はとどろき、人はみな肝をつぶし、死んでしまう事でしょう。死ななかったとしても、耳が聞こえなくなるでしょう」

傍らには、ふいごのような物があった。

「これにも触らないで下さい。これを動かせば、強風が吹き荒れ、やまは崩れ、岩石は空に舞い上がります。その傍の水瓶と箒も、触ってはいけない物です。この箒を水瓶に入れて振り回すと、人間界は大洪水に襲われます」

                           続く

|

« 小沢代表辞任 竜宮の棟上げ 4 | トップページ | ボラグループ定例会 竜宮の棟上げ6 »

コメント

なつかしい方に会われ、ドームでの疲れも忘れてお話がはずんだようですすね。1日では、話きれなかったようで、次回のお約束も出来、すてきな1日でしたね。

投稿: 五十路 | 2009年5月14日 (木) 09時58分

こんにちは。世界バラ展のブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです

投稿: 萌音 | 2014年4月 2日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/29601158

この記事へのトラックバック一覧です: 世界バラ展 竜宮の棟上げ5:

» 犬が好き! [犬が好き!]
犬が好きです。 ペットといえば一番は犬ですよね。 犬のこといろいろ書きます。 [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 18時43分

« 小沢代表辞任 竜宮の棟上げ 4 | トップページ | ボラグループ定例会 竜宮の棟上げ6 »