« 洗濯ハンガー | トップページ | 統合失調症の講演会 »

2009年3月23日 (月)

記憶力だけでは・・・

3月23日(月)

精障者作業所Mへ。30日に取り付ける予定のパネルの塗装。

メンバーさん達が、畑をやりたいというので、またやることになりそう。

知人のHさんは、今、なにやら問題の漢字検定で1級を取ったそうである。ある時私に、読みの難しい漢字を20字くらい見せて、どう読むか分かるか、と言う。読めるのもあれば読めないものもある。Hさんの予想よりは読めたようで、私は2級の実力があるそうだ。2級って、どの程度なのかね。その質問は愚問。2級というのは、2級程度なのだ。と、これは自問自答。

Hさんに依れば、私には雑学があるので感心するという。私は雑学なんて、特に覚えようとしたことはない。私には専門がないものだから、興味にまかせてさまざまな本を読んだ。読書量はかなり多い方である。覚えようとしなくても、いくらかは残る。

勉強したり、本を読んだり、様々な経験を積めば、誰だってある程度の物知りにはなるのである。但し、なんやかやの知識があると言うことと、頭の良いこととは別である。知識ばかり豊富で、たいして頭の良くない人も多い。逆に、たいして知識を持たなくても、頭が良いな、と感じさせる人もいる。

知識が多いということは記憶力が良いと言うことだろうが、だから頭が良いと言うことにはならない。頭の良さには、さまざまな要素がある。判断力、推理力、決断力、論理的に考える力、勘、その他諸々。要するに考える力があるかどうかだ。頭が良いとは、考える力があると言うことである。

知識というのは、考えるための材料になる。材料は少ないよりは多い方がいいだろう。しかしその材料を生かせなければ何もならない。

食材を沢山使って、調味料を沢山使って、たいしておいしくない料理を作る人もいる。わずかの食材、限られた調味料でおいしい料理を作る人もいる。それが料理人の腕である。

頭の良さというのも、これに似て居るんですね。知識が豊富でも、大した判断が出来ない人もいるし、逆の人もいる。

英語の出来ない私がいうのも変だが、ワイズとクレバーの違いです。ワイズは物知り。クレバーは状況に応じて的確な判断をし、的確な行動をとれること。記憶力だけで頭の良し悪しは分かりません。

|

« 洗濯ハンガー | トップページ | 統合失調症の講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/28770338

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶力だけでは・・・:

« 洗濯ハンガー | トップページ | 統合失調症の講演会 »