« 俳句の会・続八王子城趾 | トップページ | 記憶力だけでは・・・ »

2009年3月22日 (日)

洗濯ハンガー

3月22日(日)

強風。

洗濯をして、ベランダに干す。風は強いがベランダなので大丈夫と思っていたのに、強風に煽られて洗濯物を吊したまま、竿がはずれて、洗濯物がベランダに落ちてしまった。おかげで敷布など、洗濯をし直さなければならない。

怠け者の節句働き、なんて言葉があるんだなあ。あまり洗濯をしないものが、大風の日に洗濯をするなんて、まさにこれだね。

Tati0009 洗濯物を干すとき、私はイラストのようなハンガーを使っている。10年位も使っているから。下にぶら下がっているプラスチックの洗濯ばさみが脆くなって、別に大した刺激を与えなくても欠けるようになった。

私は自他共に認めるビンボー人だから、洗濯ばさみが欠けたからといって、新しいハンガーは買わない。洗濯ばさみがぶら下がっている鎖をペンチで開き、新しい洗濯ばさみをぶら下げる。洗濯ばさみが欠けるたびにこれをくり返した。こうして今では、ほとんどすべての洗濯ばさみが、新しいものに代わっている。

だが脆くなったのはプラスチックの洗濯ばさみばかりではない。鎖の部分も弱くなっていたのである。今日、強風に煽られて物干し竿がベランダに落ちたとき、その衝撃で、鎖が何カ所かちぎれた。イラストに描いたようなハンガーだけでなく、他のハンガーも含めて、合計で4個のハンガーの鎖がちぎれてしまった。物干し竿のぶら下げると、平行には下がらず、右が跳ね上がったり、左が上がったり。どうにもしょうがない。諦めて新しいものを買うしかないね。

|

« 俳句の会・続八王子城趾 | トップページ | 記憶力だけでは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/28749049

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯ハンガー:

« 俳句の会・続八王子城趾 | トップページ | 記憶力だけでは・・・ »