« 拝啓、今井洋輔様 ・曖昧さに耐える | トップページ | ヒステリー患者 »

2009年3月15日 (日)

多峰之主山

3月15日(日)

久しぶりの良い天気である。今日は何の予定もない。となれば、ちょいと外出をしたくなる。

このところ、1人で山に行くことはなかったが、ふと、手軽な山に行きたくなった。取りあえず自転車で稲荷やも公園に向かおうとしたが、自転車はパンクしていた。別に急ぐわけではない、稲荷山公園駅まで歩くことにした。私の足で50分である。

しばらく歩いて気がつくと、無意識のうちに狭山市駅に向かう道にいる。近ごろこんなことが多いのだ。惚け始めかな、等と平凡な感想を持ちはしたが、そのまま狭山市駅へ行く。

駅前から、入間市駅行きのバスが今まさに出ようとしているので、走っていって、飛び乗った。

とまあ、こんな調子で書いていったら、今日の日記は幾ら書いても終わらなくなってしまう。この書き方はいい加減にやめましょう。

まず、天覧山に登るつもりである。飯能から天覧山の登山口に行く途中、コンクリートの像がいる観音寺と、そのすぐ傍の諏訪八幡神社による。いつもは脇を通るけれども、中には入らない寺と神社である。ついでに、能仁寺による。戊辰戦争の時、戦場になった寺である。

Tati0009 梅と紅葉の美しい古刹。境内でスケッチ。

能仁寺の脇に天覧山に登り口がある。山とは言っても、標高は190メートルあまり、幼稚園の遠足にもなるくらいで、私は10分ほどで頂上に着いてしまった。

そこで休む気も起きず、そのまま多峰之主へ向かう。一度天覧山谷津へ下り、そこから登り返す。たいしてきついところもないし、天覧山から30分ほどで着く。

Tati0010 Tati0011

Tati0012

山頂で食事。アルコールなど飲みながら数枚のスケッチ。

後は御嶽八幡経由で下山するだけと思ったのだが、途中、須佐美坂方面の標識が出ていた。昔はルートを探しながら歩くコースだったが、踏み後もしっかりしているようなので、思わずそちらに曲がってしまった。但し、今日はそちらを歩くつもりはなかったので、地図は持ってきていないのが、少し不安。遭難するようなコースではないので、まあいいでしょう。

このコース、今のところ1度入ってしまうと標識はない。しっかりした踏み後があるのでそれにしたがって歩く。急な降りと、急な登りがある。多峰之主までだと、散歩の延長みたいだが、このコースを加えれば、立派なハイキングコースになる。

隣の山に登ったことになるわけだが、ここから下山するとき、道を間違えたようだ。二股になっているところで左の道を選んだが、右が正しかったようだ。なんとなく道らしいものはあるものの、それまでのようにしっかりしたものではない。イラストであらわすとしたら、歩いたいる人間の頭の上に「?」マークを付けるようだ。

Imgp1050 Imgp1056

それでもかまわず下りていくと、椿の林に出た。枯葉の上に、たくさんの椿が散っている。

さらに下りていくと万福寺という寺の境内へ出た。ここはバス停の永田に近い。まだ帰るには早いので、吾妻峡に行く。名栗川で飯能河原の少し上流である。

Tati0014

吾妻峡へは、バス停の永田大杉からと、吾妻峡入り口から入ることが出来る。しかし、到着点には少しずれがある。このスケッチは永田大杉から入った吾妻峡。吾妻峡入り口からだと、川の中にこのような岩はない。

今日は殴り書きのスケッチを沢山書いたハイキングでした。

|

« 拝啓、今井洋輔様 ・曖昧さに耐える | トップページ | ヒステリー患者 »

コメント

 私は静岡の山まで行って来ました。発見!秩父の山と違って、杉林が少ないんだね。花粉症の山好きにはお勧めかも~ 渋滞には参った!!

投稿: ニケ | 2009年3月16日 (月) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/28633735

この記事へのトラックバック一覧です: 多峰之主山:

« 拝啓、今井洋輔様 ・曖昧さに耐える | トップページ | ヒステリー患者 »