« ボラはじめ | トップページ | 落ちこぼれる人 »

2009年1月 6日 (火)

それでも政治家?

1月6日(火)

人の言葉の揚げ足を取るのは控えるべきだと思っているのですが、坂本哲志総務政務官殿、あなたは少しひどすぎます。

日比谷公園の「年越し派遣村」に来ている人たちを「本当にまじめに働こうとしている人たちが日比谷公園に集まってきているのか」といったそうですね。そして、集まった人たちの苦しい叫びを「学生紛争の時の戦術、戦略が垣間見えるような気がした」んだそうですね(毎日新聞)。

驚きました。目の前で苦しんでいる人がいるのに、見ようとしない、聞こうとしない。

さすがにあちこちから突かれたらしく、夕方のテレビでは、前言を取り消し謝っていました。でも、本当にそう思っているから言ったんでしょう? 心から謝っているわけではないでしょう? 何を見て政治をしているのですか?

こんな人を選んだ我々が悪いんだけどね。

精障者作業所Mへ。

|

« ボラはじめ | トップページ | 落ちこぼれる人 »

コメント

マスコミに影響を受けすぎじゃないでしょうか?
よく考えてみてください。
契約社員とは?契約を了解の上で働いていたのではないのでしょうか?
正直、ほとんどの人は先の事を考えてないだけだったのでは?
たしかに親族がいなく職場が限られる方もいます。
そういう人には救いの手を差し伸べるべきだと思います。
ただ日比谷公園にいるすべての人が本当に救うべき人達なのかには疑問を持つべきではないでしょうか?

投稿: | 2009年1月 6日 (火) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/26870005

この記事へのトラックバック一覧です: それでも政治家?:

« ボラはじめ | トップページ | 落ちこぼれる人 »