« 加害者としての日本 | トップページ | みんなが同じ方向を見て叫ぶとき »

2008年12月 7日 (日)

戦意高揚の歌 厭戦歌?

12月7日(日)

我がマンションの共用部分の大掃除。風邪を引いているが、こんな時は出なくてはならない。

午前中で終わり、疲れて横になっていると、Tさんがリンゴを持ってきてくれた。

Imgp0713 大きなリンゴである。特に一番上のリンゴは大きい。多分、これだけ大きいリンゴを、私はまだ食べたことがないと思う。

Tさんは「歳なんだからゆっくり休め」と言って帰った。

疎開していた時分、りんご園のある家にお使いに行って、帰り際、うっすらと初雪を被ったリンゴを、樹からもいでもらったことを思い出す。あのリンゴは旨かった。

その頃、「リンゴの歌」が流行っていた。サトウハチロウ作詞である。サトウハチロウといえば作家佐藤紅緑の息子、佐藤愛子の異母兄で、学生時代は不良だったらしい。しかし、良い詩をたくさん作っていて、童謡になっているものも多い。「小さい秋見つけた」という童謡など私は好きだ。

疎開から帰って何年くらいあとだったか、何人かの仲間と、街のコーラスグループを作った。そこで習った歌に「モズが枯れ木で鳴いている」というのがあった。我々は茨城県民謡として習ったと思う。ある時サトウハチロウがラジオで「私の作った詩が茨城県民謡として唄われている」といった。これもサトウハチロウの作詞だったのである。

1) モズが枯れ木で鳴いている

   おいらは藁を叩いてる

   綿引車はおばあさん

   コットン水車も回ってる

2) みんな去年と同じだ

   けれども足んねえもんがある

   兄さの薪割る音がねえ

   ばっさり薪割る音がねえ

) 兄さは満州へ行っただよ

   鉄砲が涙で光っただ

   モズよ寒いと鳴くがよい

   兄さはもっと寒いだろ

この詩だけを見れば、厭戦歌と思う。指揮者もそういって我々に教えた。サトウハチロウ自身は、戦争は必ず勝つものと信じていた。だから、厭戦と思ってはいなかったのだろう。

モズの歌は戦後うたわれたのだが、戦争中ラジオから流れた戦意高揚の歌の中には、今の目で見れば、厭戦的な感じのするものがいくつかある。

たとえば次の歌はどうだろうか。

   歩け歩け 歩け歩け

   東に西に 歩け歩け

   南に北に 歩け歩け

   道ある道を 歩け歩け

   道無き道を 歩け歩け

次のような歌もある。

   どこまで続くぬかるみぞ

   三日二夜を食もなく

   雨降りしぶく鉄かぶと

最後の歌など、どう考えても戦意高揚にはならないと思う。確かこれを書いた詩人も、厭戦の気持ちを詠ったのだと後に言っていた。それなのに、戦意高揚の歌としてラジオから毎日流したのである。そのおかげでこの二つの歌、私は今でも唄える。

米軍が日本に来て、日本で唄われていた戦意高揚の歌や軍歌を、悲しいメロディーが多いといって不思議がったらしい。我々は悲壮感のあるものが好きだからナア。特にあのころの日本人はそうだった。 

   

|

« 加害者としての日本 | トップページ | みんなが同じ方向を見て叫ぶとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/25997973

この記事へのトラックバック一覧です: 戦意高揚の歌 厭戦歌?:

« 加害者としての日本 | トップページ | みんなが同じ方向を見て叫ぶとき »