« 風邪を引けばテレビが壊れる | トップページ | 加害者としての日本 »

2008年12月 5日 (金)

家電製品の必要度

12月5日(金)

とうとう風邪で、かかりつけの医院に行く。鼻水と、軽い咳。

精障者作業所の忘年会。前からの約束なので一応出席。熱はないので、辛くはない。それにしても、何年ぶりの風邪かなあ。この何年間か、風邪もひかなかったなんて、自分でも信じられない。

テレビは明日配達される予定。

家電製品の、私にとっての必要度を考えてみた。照明器具は別格としよう。まさかロウソクでも暮らせない。私の少年時代は、わが家の家電製品は、照明の白熱電球、それにラジオくらいだった。蛍光灯は、まだありませんでした。扇風機は、お店などにありました。

わが家でもっとも必要な家電製品は、電子レンジです。電子レンジは、わが家のシェフです。次に冷蔵庫。やはり食事関係が大切ですね。

3番目は洗濯機。食事関係でも、ご飯は鍋でも炊けます。だから炊飯器の順位はずっと下がります。洗濯も手で出来ますが、ちょっと大変すぎます。

4番目はなんだろうか。エアコンは今でもあまり使っていないので、扇風機とコタツが来るかな。どっちが4番か5番か分からないが、まあそんなところだ。

6番目がパソコン、7番目がテレビ。

しかしこの6番目と7番目には開きがある。6番目のパソコンまでは必要な物で、テレビ以下はある方がよい物になる。そんな物でも、無いと淋しい。貧乏人とはいえども、テレビ以下、いくつかの家電製品がある。本来は必要としない物に囲まれているんだなあ。

|

« 風邪を引けばテレビが壊れる | トップページ | 加害者としての日本 »

コメント

新しいテレビいいな。

投稿: misa | 2008年12月 6日 (土) 16時27分

世界の亀山モデル

投稿: misa | 2008年12月 6日 (土) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/25938234

この記事へのトラックバック一覧です: 家電製品の必要度:

« 風邪を引けばテレビが壊れる | トップページ | 加害者としての日本 »