« 安達太良山 岳温泉神社 鏡ヶ池 (続き) | トップページ | ブログ書き »

2008年11月 2日 (日)

孫たちと信夫山

11月1日(土)

昨夜、安達太良山から帰っても、孫たちはいませんでした。塾へ行っていたのです。

帰ってきた孫たちを見て、びっくり。黒いつばの大きなとんがり帽子に黒い服。ハロウインパーティーがあったんだってさ。珍しいので二人の写真を撮る。ただし、ブログには載せません。

午前中、娘の家族全員と、近くの信夫山に登る。「しのぶ」という名前のおかげで万葉の昔から、歌枕として有名だったらしい。それにしては標高275メートルしかない、低い山だ。福島市の中央にあり、娘の家から歩いてすぐである。

標高は低いが、1つの山というよりも山塊というべきかも知れない。いくつかのピークがあるようだ。埼玉でいえば、天覧山と多峰之主(とうのす)を合わせたようなものだ。

Imgp0426_2              Imgp0423_2

                  信夫山は、頂上まで車で行けるのだが、山のあちこちから入れるハイキングの道もある。おおよそ左の写真のような道だけれど、娘の連れ合いや孫たちは、たびたび来ているらしく、右の写真のような標識のない細道のことも良く知っている。

中腹には農家などもあって、柿や柚子が稔っている。

Imgp0432 所々に公園があり、滑り台があったり、見晴台があったり。

ある公園の一郭にさまざまな小動物の像が飾られていました。私がもっとも気に入ったのは、ベンチの上に眠る猫。Imgp0430 どうですか、これ。

みんなで駅前で昼食を取り、私は帰途につく。

帰りは新幹線。4時過ぎ帰宅。

                                                                                                         

|

« 安達太良山 岳温泉神社 鏡ヶ池 (続き) | トップページ | ブログ書き »

コメント

娘さんのところで、充実の日々を送られたよかったですね。
お天気も良く。
時間の過ごし方が、カエルさんらしく、本当にステキな
ブログでした。

投稿: 五十路 | 2008年11月 3日 (月) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/24953503

この記事へのトラックバック一覧です: 孫たちと信夫山:

« 安達太良山 岳温泉神社 鏡ヶ池 (続き) | トップページ | ブログ書き »