« いろいろ | トップページ | 会議と現場 »

2008年11月11日 (火)

白菜と税金

11月18日(火)

白菜と税金

妻が亡くなって、9年8ヶ月。作らなければ食えないから、ずっと自炊している。もうベテランの域に入らなくてはいけないのだけれど、進歩しませんねえ。いまだに手間のかかる料理は嫌い。というより、出来ない。単純な物ばかり作っている。

今日の食事

朝。酒屋からサービスでもらったソーメンに、納豆と玉子、葱やわかめを入れて食べた。それに白菜の即席漬け。おかずは全部合わせて100円くらいかな。

昼。カレーライスと、Tさんから戴いた柿。カレ-の具は、挽肉と葱、白菜、ちくわ。米の値段は計算していないが、私の1食分は0.1合である。カレーライスの具は200円くらいになると思うが、作ったのは3回分。したがって、1回分としては70円くらい。

夜。白菜数枚(500グラム)と鯖の缶詰、ツナ缶で鍋を作る。それにゆで卵1個。デザートが頂き物の柿。鍋はやはり3回分で、1回分は100円に満たないだろう。

こうしてみると、今日のおかずは300円くらいのものだ。それに、夜の鍋の残りの汁は、冷凍しておいて、次にカレーを作るときのベースになる。安いねえ。もっとも私の場合は、食費より酒代の方が高いのが問題なんだけどね。

今日のおかずで特徴的なのは、白菜が多いと言うことだ。じつは日曜日の山行の帰り、道の駅で大きな白菜の玉を1つ買ってしまったからである。

買うときから迷ったのである。一人者がこんな大玉を買ってしまったら食べるのが大変だ、かなり躊躇したのだ。でも、買ってしまった以上は食べなければならない。戦中戦後の育ちである。食べ損ねて腐らせて捨てるようなことは出来ない。食べることが、強迫観念になる。それでいて、食い物のない時代に育ったせいか、いつでもつい買いすぎる。その結果がどうなるか。私の体型になる。つまり、少し太りすぎ。

鍋用に白菜を切りながら妙なことを考えた。

ここに白菜があるので、どのようにして食べようか私は考える。

もしここに、使い切れないほどのお金があったら、たとえばお役所ならどうするだろうか。税金が沢山ある。それを使わなければならないとしたら・・・。無駄遣いしますよね。

役人は仕事をしなければならない。役人が多くなれば、遊んでいる訳にはいかないのだから、必要のない仕事だってする。必要のない仕事をする役人のためにも、税金をもっと集めなくてはならない・・・。

私が白菜をどうやって食べるか苦労しているように、お役所は税金をどう使うか苦労しているのかな。天下りなんかさせてさ。そのうち消費税も高くなるんだってね。

|

« いろいろ | トップページ | 会議と現場 »

コメント

そうでしょうか、お料理はかなりお好きとみています

投稿: sqa-ya | 2008年11月17日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/25239629

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜と税金:

» 福岡ネイル [ネイル早良区西新]
福岡ネイル♪ [続きを読む]

受信: 2008年11月11日 (火) 21時59分

« いろいろ | トップページ | 会議と現場 »