« 生籐山 | トップページ | テーブル椰子 »

2008年11月20日 (木)

自慢高慢

11月19日(木)

老人介護施設Kへ。

自慢高慢馬鹿のうち

昔から「自慢高慢馬鹿のうち」などという。私などは当然「馬鹿のうち」だから、隙あらば自慢しようと手ぐすねを引いている。そしてまわりの人の顰蹙を買っているわけだ。

しかしこの顰蹙という字は難しいね。ワープロの変換で出てくるから使えるけれど、手書きの原稿だったら「ヒンシュク」と書くか、この言葉を避けるかしていると思う。麻生太郎だったら「顰蹙」を読めないでしょうね。これは失礼しました。余談です。

ことほど作用に、私は自慢をしたくてうずうずしているのに、自慢する種がないんだなあ。しょうがないので、酒が強いことを自慢したりしています。本当は自慢にもナンニモならないことなのに・・・。

私は自分を馬鹿だと思っていますが、ここで他人まで引きずってきて、人間って、みんな馬鹿だと思っています。馬鹿だから可愛いんだよね。

でも、救いのない、正真正銘の馬鹿っていうのもいるね。知能指数の高い低いじゃないんです。自分が利口だと思って疑わない奴が、救いのない馬鹿です。そんな人にはめったに会わないけれど、たまにはいるんだな。あーあ、つきあいきれない。

|

« 生籐山 | トップページ | テーブル椰子 »

コメント

先生と言われるほど馬鹿じゃなし 何てこともあったですね。先生と言われて、なんか偉くなったような気持ちになって、浮かれている人いますよね。気をつけねば(ーー;)

投稿: sa-ya | 2008年11月20日 (木) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/25515080

この記事へのトラックバック一覧です: 自慢高慢:

« 生籐山 | トップページ | テーブル椰子 »