« パソコンの整理  1日の仕事 | トップページ | 牡は哀れ  一杯の水 »

2008年10月 2日 (木)

こぶし祭り実行委員会  自分探し

10月2日(木)

こぶし祭り実行委員会

衆議院選挙が近いので立候補予定者が来たらどうしよう、なんてことも話題になる。なるほどね。

あとは、11日のこぶし祭りを待つばかり。当日好天であることを望む。雨天順延と言うことでは、少し困る理由がある。

自分探し

近ごろは「自分探し」などという言葉があって、良いのか悪いのか、もっともらしい顔をして「自分探しをしている」などという人がいる。私には甘ったれた言葉のように思えてならない。いかに探したところで、これが自分だなどと思えることが、そうそうあるとは思えない。これが自分だと思える人は、自分の内面に何かを持っている人であろう。そのような核を持たない私のようなものは、自分探しをしても、何も見つかりはしない。そもそも、自分がないのである。無いものは見つけようがない。

とはいえ、自分から逃れたいという気持ちは、誰にもあるものだろう。特に思春期の頃、家出をしたり、実行はしないまでも考えたりした者は多いはずだ。あれは、今の言葉で言うならば、自分探しをしたいという気持ちだったのだろう。

普段の我々は、社会という舞台の上で、何らかの役割を演じているようなものだ。ある時はサラリーマンであり、ある時は学生である。子に対しては父であり、妻に対しては夫である。その時その時で役割に応じた仮面を付けている。

自分探しというのは、新しく自分にあった仮面を見つけることなのか。新しい仮面を見つける、あるいは作るには、それなりの努力が必要で、待っているだけではどうにもならない。

逆にすべての仮面を剥ぎ取ることが自分探しということなのか。すべての仮面を剥ぎ取ったら、果たして自分というものが残るのかどうか、透明人間になってしまうのではないか。

どちらにしても、自分探しというのは難しい。甘ったれた気分で自分探しなどといっても、そりゃ聞こえませぬ伝兵衛さま・・・ちょっと古過ぎたかな。

|

« パソコンの整理  1日の仕事 | トップページ | 牡は哀れ  一杯の水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/24206401

この記事へのトラックバック一覧です: こぶし祭り実行委員会  自分探し:

« パソコンの整理  1日の仕事 | トップページ | 牡は哀れ  一杯の水 »