« 安曇野ちひろ美術館 | トップページ | 相撲界 三笠フーズ 水彩画の会 »

2008年9月11日 (木)

十五夜と満月

9月11日(木)

ボラグループ定例会。

十五夜と満月

今月14日が旧暦の8月15日で、中秋の名月。いわゆる十五夜ですが、十五夜が必ずしも満月とは限らないのだそうです。1日か2日くらい遅れることがあるそうで、ことしの満月は、1日遅れだそうです。知っていましたか? 私は知りませんでした。

ちなみに、1日遅れは十六夜で「いざよい」と読みます。今年は十六夜が満月と言うことになります。

2日遅れ(旧暦8月17日)が「立待月」、3日遅れ(18日)が「居待月」、4日遅れ(19日)が「寝待月」。月の出がだんだん遅くなって、19日には、寝ながら窓の外の月を待つんです。あなたは「今夜は寝待月だ」などと思いながら月の出を待ったことがありますか? 私はありません。テレビばかり見ている私たちは、風流からは遠いのですね。

    風流の裾を捉えし草虱  ぼんくらカエル

草虱とは、イノコズチ、あるいはヌスビトハギなど、草むらを歩くとズボンの下にびっしりと付いてくる草の実。風流のつもりで草むらに分け入ると、得てしてこんな結果になる。

|

« 安曇野ちひろ美術館 | トップページ | 相撲界 三笠フーズ 水彩画の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/23670658

この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜と満月:

« 安曇野ちひろ美術館 | トップページ | 相撲界 三笠フーズ 水彩画の会 »