« 天狗にとられた子の物語・3 | トップページ | 天狗にさらわれた子の物語・4 »

2008年8月 5日 (火)

包丁研ぎ・貧富の2極化

8月5日(火)

精障者授産施設Rへ。月に一度、授産施設の食堂Kの包丁を研ぎにいく。ついでに他の人の包丁も、持ってきたのは全部研ぐ。同じ包丁研ぎでも、こちらは無料。精障者作業所で研ぐ場合は、リサイクルショップなので店の収入として300円。私はどちらでも同じだ。

帰ろうとしたら。激しい雨。たまたま理事長のMさんが市役所に行く用事があるというので、ついでに家まで送ってもらう。

福田さんは改造内閣で、少しだけ支持率が上がったんだって。日本はいろいろな問題があるけれど、一番大きな問題は、金がありさえすれば良いという世の中になって、貧富の2極化が進んだことだと思っている。

ワーキングプアーや、金が無くて福祉から切り捨てられる人、満足に医療やリハビリが受けられない人がいること、これを解決できなかったら、日本に救いはないと思う。一方では、ペットに宝石を着けて自慢しているような馬鹿もいるのだ。

これ以上弱者を苦しめるような政策しか打ち出せないならば、この国は崩壊するだろう。

|

« 天狗にとられた子の物語・3 | トップページ | 天狗にさらわれた子の物語・4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/22807255

この記事へのトラックバック一覧です: 包丁研ぎ・貧富の2極化:

« 天狗にとられた子の物語・3 | トップページ | 天狗にさらわれた子の物語・4 »