« 日本紀行 | トップページ | 大洗の水族館 »

2008年8月31日 (日)

死後の烈女・2

8月31日(日)

死後の烈女・2(狗波利子・通算76回)

(前回のあらすじ・福島角左衛門は豊臣秀吉に仕官をすべく、姫路から都に向かっていた。摂津の国(一部大阪、一部兵庫)高槻で、貧しく美しい女に会う。一緒に都に上ろうと誘うが、夫がある身だとと言って、激しく断られる。)

角左衛門は、その夜、山崎に宿を取った。次の日、その女のところに書類を忘れてきたのに気がつき、引き返した。その道中で葬儀の列にあった。

「誰の葬儀ですか」

「布商人の籐内の葬儀です」

なんと、昨日の女の夫の名前である。角左衛門は驚いて、その葬列に加わり、行き着いたところは昨日女にあったところだ。しかし、昨日は見えた家はなくて、草ぼうぼうの野原である。籐内の遺体を埋める穴を掘ると、隣の女房の棺があった。そこに、昨日女が縫っていた足袋と、角左衛門が与えた餅、菓子があった。

その傍に塚が二つあり、誰の塚かと聞けば、舅、姑の塚で、10年ほど前のものだという。

角左衛門は感激し、葬儀の者たちに昨日の出来事を話し、金子を与え、跡の弔いも懇ろに行った。

この女房は、死すとも二夫にまみえず、舅、姑に孝養をつくし、女の道を全うした。夫を忘れて再婚したり、ふしだらな生活に走るものは、この女房の話を聞けば、少しは反省の気持ちが湧くのではないか。

                 狗波利子全巻終わり

|

« 日本紀行 | トップページ | 大洗の水族館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/23362116

この記事へのトラックバック一覧です: 死後の烈女・2:

« 日本紀行 | トップページ | 大洗の水族館 »