« 飯森が陰徳の報い・2 | トップページ | 飯森が陰徳の報い・3 »

2008年8月23日 (土)

北京オリンピック  芭蕉忍者説

8月23日(土)

北京オリンピック

北京オリンピックが、もうすぐ終わる。私はそう熱心にテレビを見たわけではないが、興味を持ったのは、女子レスリングとソフトボールである。

女子レスリング、日本は強いですね。金メダル2人、銀1,銅1。アテネと同じ人が同じメタルでしたかね。銀の伊調千春、銅の浜口京子が共に、心から喜んでいるように見えたのがよかった。アテネの時は、金でなかったことを残念がっていたのに、今回の方が、見ていて気持ちがよい。

ソフトボールは本当によくやった。上野選手というのはすごいね。草野球じゃないのに、2日で3連投だなんて。体も精神力も、すごいとしか言いようがない。陰の選手、坂井と言ったかな、新聞にあまり出てこないから名前がはっきりしないけれど、控えの投手も立派だったようだ。控えに甘んじ、自らバッティング投手を買って出たりしたらしい。

私はどうも、ヒーローもさることながら、その陰で黙々と努力する人に目がいく癖があるます。

野球には、全く興味が持てないのだと、こんどのオリンピックで、あらためて知りました。選手がどうとか、監督がどうとか言うことではなくて、野球自体に興味が持てなくなっているのです。

私は、ジャイアンツファンを辞めたとき、野球ファンも辞めてしまいました。川上の赤バット、大下の青バットと言った頃からジャイアンツファンでした。しかし、ジャイアンツは金にあかせて無理押しをし、よそのスター選手を引き抜いていました。それでも、我慢して、我慢して、ジャイアンツファンを続けていましたが、ある時、ほとほとと愛想が尽きました。

駒田選手がジャイアンツを去ったとき、私はジャイアンツファンを辞めました。自分では気がつかなかったのですが、その時、野球ファンも辞めたようです。駒田の問題はそれまでのジャイアンツのしてきたことに比べれば、むしろ小さな問題です。しかし、私の中の不満がぱんぱんの風船のようにふくれあがっていたので、その風船に針を刺されたような感じでした。

ジャイアンツは、さまざまな横車を押してきましたが、私が一番気に入らないのは、多くの選手の才能をつぶしてきたと言うことです。他のチームに入っていたら、一流選手として開花できたであろう人たちが、飼い殺しにされてきました。他のチームからスター選手を引き入れ、自軍の選手を飼い殺しにしました。ソフトボールのところで書きましたが、私は下積みの選手に目がいってしまう方ですから、これはたまりません。

芭蕉忍者説

芭蕉忍者説というのがありますね。伊賀の出であること、忍者の家系だったこと、あれほど旅をしたのは、情報収集のためではないか、など、さまざまな理由があげられています。

その理由の一つに、道の悪い当時、芭蕉ほどの距離を歩くのは無理だ、と言うのがあります。

奥の細道で歩いた距離は、およそ2400キロ。これを150日で歩きました。毎日歩いたわけではありませんが、1日平均16キロです。なんだ、それくらいなら、山道でも歩けます。

今から60年くらい前、私の田舎の大人たちは、1時間で6キロくらい歩くのが普通でした。今だって、それくらいの早さで歩く人はいます。71歳になった今では分かりませんが、少し前までは、私もそれくらいの早さで歩きました。1時間4キロなどというのは、軟弱な歩きです。

昔の旅人は、1日40キロくらい歩くのが普通だったと言います。私はこれを、特に驚くほどの距離だとは思いません。車にばかり乗って、長距離を歩かない現代人の軟弱な足で考えるから、芭蕉は忍者だなどと思うのでしょう。

|

« 飯森が陰徳の報い・2 | トップページ | 飯森が陰徳の報い・3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/23198711

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック  芭蕉忍者説:

« 飯森が陰徳の報い・2 | トップページ | 飯森が陰徳の報い・3 »